遠隔とバランシング・チャクラを組み合わせる

先日、体調を崩していた私に

友達が遠隔でヒーリングをしてくれました。

わたしが会員になっている

ANRAアジア自然療法協会から

遠隔レイキで使える人体図があるんですが

それを今回は使用して、レイキだけでなく

遠隔でチャクラの状態をみて、バランシング・チャクラの施術をする、という

画期的な遠隔です。

 

遠隔には、ちゃんと相手の了解を得る

送り時間は相手が眠くなっても良い時間にする、というルールがあります。

彼女からは、だいたいこの時間に、と言われていたので

その時間帯は、当然、家にいて眠くなってもよい状態にしていると

心臓がばっくばっくしはじめ、一時的にだるくなって横に寝転がっていました。

 

しかし、わたしには遠隔をしてくれたのか?という自覚はなく

ただただ、だるくて、旦那さん相手に

「もしかしたら、悪い病気かも知れない」などと話し

ペンデュラムでハイヤーセルフに聴いてみたら

「それはない!」と出て

「やっぱりね~」なんていいながら笑ってみたりしていました。

 

翌日、彼女に電話をすると

わたしがだるくなったときに、どうやら遠隔をしてくれていたようで

チャクラ診断で、でたチャクラのバランスの結果や

遠隔方法などを教えてくれました。

 

レイキだけの遠隔も、もちろんいいのですが

バランシング・チャクラの施術を組み込むと

さらに良い気がしますね。

 

対面でのレイキヒーリングとバランシング・チャクラの施術も

大好評です。

ふかーいリラックスが得られますよ。