女性を元気にするサロンであるために

ファーストノエルに来てくださる受講生さんや

クライアントさんは、8割が女性です。

だから、女性からいろんな話を聴くことが多いんですよね。

私はどちらかというと、男っぽい性格で

女性らしさからかけ離れている

だからこそ、小説家をしていたときは

可愛らしい女子が恋愛をする、恋愛小説を書けていたんだなと

思っているんですが

今の仕事をするようになってからは

さらに、その傾向に拍車がかかり

私の中のテーマは、女性なんだな、と思うことがいっぱいあります。

 

中村文昭さんのお母さんを取材し、原稿を書いているのも

中心には、女性がテーマとしてあるんですよね。

だから、サロンに来られた女性から相談を受けたり

話を伺うと、どうにかして、この人が元気に楽にならないだろうか?と

知恵を巡らせることがいっぱいあります。

 

現代の女性は、本当に頑張っていますよ。

先日、地元から松本市のイベントに参加してくれた友達は

飯田から松本までの一時間ほど走る高速バスの中で

「天気が良いし、バスに乗ってのんびりできて嬉しかった」と

話してくれたときは

どれだけ頑張っているんだ、と思いましたが

そういう思いをされている女性が多いように思うんですよね。

 

だからといって、男性が頑張っていないわけではないんですよ。

もちろん、男性、女性にかかわらず、みなさん一生懸命ですから

頑張りすぎている方は性別関係なく多いと思います。

 

わたしがヒーリングを始めるキッカケになったのは体調の不調からでしたが

そのときの自分を思い返してみると

とりあえず必死で、悲鳴を上げながら、訳も分からず走り回っていた

というイメージがあるんです。

自分の状況というのを、客観的に見られていたわけじゃないので

がむしゃらに動いていたので、効率は悪い、成果はあがらない。

そうなると、余計に焦りが出てきて、不安も心配もくっついてきて

さらに、がむしゃらになってしまう、という悪循環をくり返し

けっきょく、体調を崩すという方法で

ハイヤーセルフは私にストップをかけ

本来の自分と繋がる方法まで導いてくれました。

 

当時の忙しさと、今の忙しさを比べれば

今の忙しさの方が何倍にもなっていますが

体調は良好、心も良好、成果はあがり、結果を生み出すという

プラスの方向にすべてが動いています。

 

これは、わたし自身が本来の自分を取り戻したからだと思っていますが

本来の自分を取り戻す、というのは

実はそんな難しいことではないんです。

 

本来の自分とは、自分のことをよく知っている自分、なんですね。

この自分は、自分の好きなこと、楽しいと思っていること

やりたいと思っていることを、よくよく知っている存在で

自分のやりたいこと、好きなこと、楽しいなと思うことをに気づいたとき

本来の自分に繋がっていくんですよね。

 

しあわせというのは、人それぞれです。

私が思う、感じる幸せや楽しさは、あなたにとっては退屈で

面白くないものになることは、十分にあり得る話ですよね。

 

社会の中で、様々な役割を持ちながら

女性らしく自分を保ちながら生きている女子は

女の子というだけで頑張っている存在で

この女子が、幸せになったり、楽しそうだったり、笑っていると

世の中が明るくなるんですよね。

なぜなら、女子が楽しそうだったり幸せそうな姿を見ると

男性も嬉しいからなんです。

 

私の主人がよく言うんですよねぇ

奥さんが幸せそうだと嬉しいって。

これは、彼が愛妻家という話ではなくて

家庭で奥様が機嫌が良いと、男は余計な心配をしないでいいので

楽なんだという単純な話なんです。

 

普通に考えて、隣にいる人がしんどそうだったら

私は幸せだぁ~とは、ちょっと言いにくいですよね。

やはり、しんどい思いをしている人が心配になったり気になってしまう。

 

なので、まずは自分から幸せになることが

最終的には、周囲を幸せにしていくコツなんだと思います。

 

特に普段から頑張っている女性に

元気になって楽になって、楽しく幸せになって貰えることが

結果的に社会貢献へと繋がるだろうと思っているので

女性を元気にするサロンでありたいですね。