失敗は、どんまい!でやり過ごそう!

以前の私は、完璧じゃないと嫌!みたいなところがあって

ひとから「あなたのここが良くないわ」と指摘をされると

それが無性に赦せないというところがありました。

完璧を求めたい人は、問題があることが赦せないので

さらにさらに、完璧を求めてしまうんですよね。

それが、ヒプノセラピーで両親を赦したら

自分を本当に意味で赦せるようになり

完璧が好きだった自分は、どこへやら?

ダメな自分があることに気づいたり、気づかされると

そんな自分が愛おしく思えるぐらいになりましたね。

 

完璧じゃないのは当たり前なんだってことに気づいたら

生き方が楽になって、そうなると自分自身に対しても

まあ、こんなもんさ、自分なんてさぁ~と

諦めではなく、赦せるようになりました。

 

レイキティーチャー暦、6年、ヒーラー暦7年。

先生方からすれば、「まーだまだよ」と言われる領域にいますが

見た感じ?なのか、なんなのか分かりませんが

ちゃんとしている人に見えるようで

よくヒーラーをはじめました!という方から相談だったり

お話を聞くことがあります。

 

まだまだ未熟な、まだまだひよこチームに入っている私ですが

それでも、1年目の苦労、2年目の焦り、3年目の失敗と

とにかく経験はしているんですよね。

何しろ、突っ込んでいくタイプなので

友達曰く

「だだだーっと突っ走っていったかと思うと立ち止まり

また走っていく人」らしいです。

これだ!と思ったら、考える暇もなく動くし、やる。

だからこその失敗も多いです。

 

そういった数々の(とはいえ少ない)傷が

なんとなく頼りがいがあるように見えるのかも知れませんけど

あんまり、たいしたことはないです。

やっぱり、年数って、リアルな年数であって

1年目には1年目の、3年目には3年目の課題があると思うんですね。

 

たかだか6年目の私に何が語れるのか?

本当にそう思ってます。

だから、相談をされたりすると「なぜ私に??」と

ふしぎでふしぎで、いつも首を傾げてしまう。

相談をするならば、もっときちんとされた先生方にした方が

ずっとずっと有益ですからね。

 

それでも、こんな私でも言えることがあるとしたら

失敗を恐れない(というか、失敗はない)
なにか失敗をしてしまったと思ったら

くよくよ悩まず、今できることを探し、どんまい!で乗り切る。

 

と、いうことでしょうかね。

 

間違えた、失敗した、ということは

自分には「成長する余裕がある、のりしろがある」ということ。

ひとつひとつ、経験して覚えていったことは

自分の宝物となりますよ。