オーラフォトで実証済みです!

ひとが安心して受けられるヒーリングってどんなものだろうか?と

考えてみたときに

ある程度、理学的に筋が通っているモノ、ということが

前提にあるのかなぁというのが、わたし個人の感想。

例えば、特別な能力があるわけでもない、ただの人間であるわたしのエネルギーで

「あなたを癒します!」と言えば

たいていの方が「ご遠慮させてください!」になると思うんですよね。

それよりは、感情を持たず、科学的に解明され

理学的に筋の通ったもので癒しを行う方が

受ける側は安心するのでは?と思っています。

 

ボイスヒーリングもそうですが

バランシング・チャクラも、安心して受けられるヒーリングです。

 

ボイスは音を使いますが

バランシングチャクラは、光と色を使ってチャクラのバランスを整えていきます。

 

日本では、TVの影響でヒーリングより先に市民権を得てしまったような印象のオーラですが

オーラの正体、というものを正確に把握している人は

案外と少ないんですよね。

実は、ヒーラー側にもオーラを把握していない、理解していない人がいて

ビックリすることもあったり。

 

オーラというのは、カンタンにいうと人間が放電している電磁波のことなのですが

漏れ出ている電磁波が、よく色分けされて描かれていたり話されますよね?

それはなぜか?というと

学生の頃、光の勉強をしたと思いますが

太陽の光は7色に分けられるというのを習ったと思います。

この7色の分けられた色を可視光線と言い、人間が肉眼で捉えることのできる光のこと。

可視光線は、赤、オレンジ、イエロー、グリーン、水色、青、紫に分かれてますが

なぜ、分けられているか?といえば、それぞれ波長が違うわけですね。

赤には赤の波長があり、青には青の波長がある。

この波長の違う電磁波が、どうやら人間の身体にもあるぞ、ということを

優秀な科学者が見つけだし、その波長が違う電磁波を出している部分が

チャクラ、と呼ばれている場所になります。

 

チャクラから放電されている電磁波の波長の違いで

オーラは色分けされています。

つまりは、オーラの大元はチャクラなんですね。

 

なので・・・いくら、オーラをクリーニングをしても

その大元であるチャクラに問題があれば、元の状態に戻ってしまいます。

チャクラは各臓器、内分泌にエネルギーを供給している場所ですから

目に見えないからと言って、無視は出来ない、けっこう重要な場所。

 

チャクラのエネルギーバランスを整える、チャクラヒーリングは

そんなチャクラの重要性を考えて行われるヒーリングなのですが

バランシング・チャクラの施術は、短時間ができる上に

その効果は、オーラを撮影できるオーラフォトで実証済みだったりします。

 

これは偶然だったのですが

うちに来られたクライアントさんが、バランシング・チャクラの施術を受けた後

オーラフォトを撮りたいとおっしゃるので

師匠のお店(師匠はオーラフォトカウンセラーでもあります)に行って撮影したら

いい感じにチャクラが整えられていて

施術したわたし自身も驚いたほど(笑)

 

バランシング・チャクラは、どこのチャクラを使っているか?ということを

ペンデュラムで観ておいてから施術に入っていくので

今の自分がどんなオーラを持っているのか?も把握できます。

 

自分が持っている色というエネルギーを把握しておくと

どんな色の服を着たらいいか?

どんな色のアクセサリー、パワーストーンを身につければいいか?

なんてことの参考にもなります。

 

色は、生活の中に必ず存在するエネルギーです。

身近にあるエネルギーだからこそ、そこに意識を向けていくと

自分を整えたり、人生の運気をあげていくコツにもなるので

案外と侮れないものですよ。

 

ぜひ一度、バランシング・チャクラで

ご自身のチャクラの様子を把握して、エネルギーを整えてみませんか?