限りなく透明に近いブルー

家族を長野に残し、私だけ沖縄に行ったのは

ちゃんとした理由がありました。

それは、仕事!!

もうすぐ、ブログでも公表できると思いますが

とある事を実現させるために、沖縄に行ったのでした。

でもまあ、観光しよか!という感じで(笑)

とあるビーチへ向かうことに。

 

私は強烈な雨女。嵐を呼ぶ勢いの雨女。

この日の天気予報、沖縄は曇り。

晴れてくれたら、きれいなビーチが見られる。

写真の空は、雲と太陽がせめぎ合いを続けている模様。

でも、光の柱が海に落ちて、それがまたきれいなこと!!

沖縄は、ビバ観光!という気持ちになれないということは

沖縄へ発つ前のブログで書きましたが

それは、沖縄戦があるからなんですよね。

もともと、いわゆる歴女で特に戦争史は10年以上に渡って本を読んだり

話を聴くなどしているので

沖縄というと、沖縄戦が頭をよぎります。

 

だから、この日の海を見たとき、涙が溢れて溢れて、仕方ありませんでした。

脳の中に、戦争の映像が浮かんできてしまう。

 

きれいだけれど、ただ、きれいなだけじゃない海の色に

私だけじゃなくて、違う何かのエネルギーも浄化されていったのかもしれません。

 

 

曇っていた空が一時間ほどして晴れ

ここは日本か!?と疑いたくなるような、海が目の前に!!

 

感動でした。

こんなに美しい青を私は今まで見たことがありませんでした。

限りなく透明に近いブルー。

友人とわたし。

最高のロケーションなので、いつもより三割増でまともに見える私。

海はグラデーションになって広がっていて

心地よい波の音だけが聞こえてくる。

喉のチャクラから出ている電磁波の波長は、水色をあらわす波長で

ここのチャクラの意味には、浄化が含まれている。

だから、この海を見たときに涙が溢れて浄化されていくのは

波長からも説明できるなぁ・・・・なんて知識は

きれいな海を目の前にしたとき、まったく浮かばなかったし

癒しは、どこか理屈じゃないところにある、というのを感じていた気がします。

きれいな、きれいな海で癒されたあとは

おいしいランチの時間~。

しあわせは、このまま続くのですね~。

とあるホテルに移動し、ゆっくりと運ばれてくる美味しいランチ頂きながら

ちょっと仕事をしてきましたよ。

 

ええ、すっかり観光100パーセントになってしまうところを

私の中の私が「仕事はどうしたの?」と呟いてくれたので

しあわせボケていた自分を、取り戻してくれました(笑)

最高のロケーションに、最高のメンバー

最高に美味しいランチを前に、手帳を出してアレコレしている私。

ほら、ちゃんと仕事してるでしょ!の証拠写真。

友人が撮っていてくれました。

 

しかし、本番はこれからなんですけどね。

私が漠然とここ6年ぐらい思っていたことが

昨年末から急速に形になって、現実へと向かっています。

 

さて、明日のブログでは沖縄の歴史について書いていきますよ~

おそらくは私の原点ですね。

お楽しみに~。