沖縄に行ったら、ぜひ聴きたい一曲

1月に沖縄に行ったときの写真です。

先生と吉田さんにはさまれて、めちゃ緊張しながら笑っている、わたし。

しあわせすぎて、ヘラヘラしているだけとも言えますが

実はこの前に、沖縄の海を見て涙がとまらず

「なんですかね~?先生、何でですかぁ~?」と

意味不明な質問を先生に繰り出していました。

沖縄に入ったときから、潜在意識のフタが空いていたのかも知れません。

とにかく、涙腺が緩みまくっていて、一日目の夜に入った居酒屋の島唄に

「ううっ・・・・」と涙がでるぐらい、沖縄の歌にも心を揺り動かされていたんですよね。

 

そして、下見もかねて

先生、吉田さんと共に、ビーチレッスンを行う予定の場所に行くまでのあいだ

先生が、るんるんな雰囲気で聴かせてくださったのが、この曲。

宮沢和史+DIAMANTES+シンカヌチャーの

「シンカヌチャー」

 

宮沢さんは、島唄で有名な「The BOOM」のヴォーカルです。

宮沢さん、FMでラジオ番組をもっていて、実はラジオでこの曲は聴いたことがあって

そのときも「うっ・・・」と涙がでそうになったのですが

沖縄の海を見ながら、この曲を聴くと、号泣になります

沖縄から戻ってきてからも、よく聴いていますが

「シンカヌチャー」が流れた途端、目の前にはあの沖縄の海が見えてくるんですよね。

波とか、風の感じ、海の色、沖縄のエネルギー。

沖縄に行き、細胞で感じてきた、さまざまなエネルギーが

この曲を聴くと、スイッチを入れられたように蘇ってきます。

 

河本先生の「レイキセミナーアドバンスコース」は

もちろん、レイキのブラッシュアップを目指すものであるのですが

それとはまた別に、言葉にはとうてい出来そうにない沖縄のエネルギーを

みなさんに、細胞レベルから感じて頂きたいなという思いがあります。

 

セミナーに参加される方も、されない方にも

沖縄の喜びも悲しみも感じられる「シンカヌチャー」オススメします!!