心の痛みが身体に現れる

いくつかの仕事を同時進行で進めていますが

そのなかで、やろうと思えば思うほど

自分が苦しくなっちゃう仕事があって、どうしてだぁ~なんでだぁ~の葛藤が

ここしばらく、続いていました。

それでも、引き受けたからには、ちゃんとやろう!という思いがあるので

がんばれば、がんばるほど

ますます、自分が苦しくなってくる。

 

そうこうしているうちに、痛みが胃や背中にあらわれて

「楽しくないーーー、違うーーーー」と

自分の中の自分が、身体を通して訴えかけているようでした。

 

昨日、ひさしぶりに師匠と会うことが出来て

しばらく心理学の話(だけではないですけどね(笑))をしていましたが

肉体を自分でコントロールできるようになると

心という重力のない、つかみ所のない心もコントロールできるようになると

教えてくださいました。

 

ちょうどそのとき、なぜ自分がこんなにも波だってしまうのか?という

心が嫌がる理由を掴めずにいたので

なるほど~~と感心しきり。

 

思えば、身体は二の次にしていたよなぁと

自分がどちらかといえば、意識や精神に行きやすい質なので

身体の大切さを感じました。

 

食べ物に詳しい友達から、玄米のことや野菜のことを教えて貰ってから

まず、家の調味料をかえて、出汁はちゃんと自分でとって、と

以前より気をつけるようになったせいか

添加物に対して敏感になりました。

 

添加物は良くないのは分かりますが

全てを否定してしまうのも、どこかズレてしまう気がするので

私にとって、それは合わなかった、という結論を出してますが

そうやって、身体が望むモノ、喜ぶモノを選んでいくと

自然と、身体や心の声が聞こえてくる気がします。

 

地球に立っていられるのは、肉体をもっているおかげ。

そんな肉体を大事にしなければいけませんね。

 

自分の身体を大事にできるようになったとき

心も、自分のことが大好きだー!と言っているときだと思います。

 

今の自分が食べたいもの、嬉しいと思うモノを

意識して食べてみるといいかもしれませんね。