3がつ11にち、すべてが変わる日

沖縄の海。浄化の色をしていますよね。

この海が、2年前に大暴れをしたんですよね。

そして、たくさんのものを飲み込んでいきました。

 

いま、思い出しただけでも胸が痛みます。

河本先生に私はあまり近づけないんですが(笑)

慣れてくると、それなりに話せるけど

基本、目をそらします。

それぐらい、尊敬している方なんですけど

 

そんな私が「なんで先生のセミナーを企画したの??」と

マジな顔で聴かれたことがありました。

 

ふしぎなのか??と、その質問のほうが私には不思議だったんですが

尊敬している、ということは

先生が持っている知識や経験、技術を理解している、ということなんですね。

 

私は先生から二つのヒーリング法を学んだので

これらのヒーリング技術を身につけた自分たちが

現場で活躍することが先生の応援にも繋がると勝手に考えていて

日々、ファーストノエルというサロンで活動しているんですね。

 

が、それとは別に

いや、もっとヒーリングが現実に根付くためには

河本先生に動いて頂いたほうが早いだろうと考えていたんですよね。

 

先生のような何十年とヒーリングに携わっている方が活躍された方が

ヒーリングが「怪しいものではないこと」ちゃんと扱えば「素晴らしい療法であること」が

今の日本に、もっと早く浸透していくだろうと思ったから、なんです。

 

その第一歩が、レイキセミナーアドバンスコース、になりました。

 

それで、先生に慣れるまで近づけない私が

タクシーで先生とご一緒し、あろうことか先生が私の隣りに座り

先生が私の腕にあたる~~・・・・と

全身の力を使って身体を小さくしていた私が(笑)

 

勇気を振り絞り、吉田さんにも相談させて頂きながら

今回の企画を持ち込みさせて頂いた、というわけです。

 

基本的には、今の日本とヒーリングについて私なりに考えての

行動なんですよね。

私が単純に先生が好きで、それで・・・・と思われることもあるようですが

それとこれとは別で、実は考えています。

でなければ、あのような大物と仕事なんてできませんよ。

 

私がそう考えるようになったのは

やはり、2年前のきょうがキッカケでした。

 

あのとき、あの場所にレイキヒーラーがいたら・・・と思ったし

その後、私の耳に入ってくる情報を知るたびに

ヒーリングの可能性を感じずにはいられなかったんですよね。

報道には決して載らない事実がたくさん、あるんです。

たまたま私はそういった情報が入るルートを持っているので

本気でこの国が心配になったし、震災後の1年は気が重たいときが多かったですよね。

 

私は私で、自分の”場”で活動しながら

私よりもずっと優れている方には、もっともっと動いて頂いて

そのためのフォローをしていくことも、私にとっては大事な仕事の一つです。

 

もうすぐ、その大切な仕事の第一歩を踏み出せます。

それを沖縄で出来ることに、感謝と祈りでいっぱいです。

 

2年前の3月11日を私たちは、ずっとずっと忘れずに

傷の裏にある才能を光らせていきたいですね。