焦らず、ゆっくりと痛みと向き合うこと

昨日の夕方、ふと浮かんだことをフェイスブックに書いたら、嬉しいことに数名の方がシェアをしてくださいました。

元気をなくしている友人や、フェイスブックで繋がっているお友達に伝えたくて・・・とシェアをしてくださったようです。言葉はコトダマであり、音波でありエネルギーです。綴った言葉で癒されたり、励まされたりする方がいてくださったら、作家としてヒーラーとして、これほど嬉しいことはありませんね。

ヒーリングは、あなたの背中を押してくれるもの

ヒーラーとしてまだまだ未熟な範疇にいる私ですが、癒しが起こしてくれるもの、を目の当たりにする経験を通して気が付いたことがあります。

それは、ヒーリングが前に進めるように背中を押してくれること、なんですね。

 

心に抱えたトラウマ、潜在意識にすり込まれた間違った情報で、無意識に人間関係がうまくいかなかったり、躓いたり。がんばって仕事も人間関係も上向きにしてきたというのに、必ず同じようなところで躓き、ときにはダメになってしまう。

 

ヒーリングは時として、身体だけでなく、意識や精神といった部分への癒しを起こします。トリニティと呼ばれる、肉体、意識、精神の三位一体のバランスを整えていくのがヒーリングの目的であり、自然療法が得意とするところ、でもあります。

 

ヒーリングをして癒しが起きたことで、過去のトラウマに足を引っ張られ続けていた人が、あるとき、勇気を振り絞って、痛みを感じている自分、傷ついた自分と向き合い、改善されていったケースがあります。もちろん、ヒーリングには個人差があるので、すべての人に当てはまることではありませんが、その方にはピッタリと合うヒーリング方法だったのでしょう。

 

わたし自身もレイキなどのヒーリングでトリニティが改善されていったので、こういったケースには頷けるのですが、改善されていくほとんどの場合、傷ついた自分や痛みを感じている自分と向き合う覚悟をし、しっかりと受け止めた人に改善が見られるんです。

 

痛み、苦しみ、辛さ、時には怒りといったネガティブな感情に麻痺することなく、それらを「これは私が受け止めるべき感情だ」と受け止め、感じたときにこそ、それらのネガティブな要因がポジティブに転じる、変換されていくんです。

愛されているからこそ、生まれてきた

自分の内側にある痛みや苦しみ、怒りと向き合うことは勇気がいることだと思います。

自分のトラウマを目の当たりし立ち向かおうとしたとき、恐怖を感じたのを私は今でも覚えています。嫌な経験をしているのに、思い出すことでさらに経験をするのか、と思うと、怖くてたまらないんですよね。

 

でも、その恐怖と弱さを乗り越えて、傷ついた自分と向き合ったときに、癒しが起きるのではないかなと思っています。

 

癒しというのはあやふやで、数値にするのは今の科学では難しいものです。ましてや私たちの感情をデータ化することなどおそらく不可能でしょう。数値に出来ないから、データ化できないからといって、これらの感情は脆弱か?といったら、そんなことはなく、非常にパワフルです。

 

あの人が好き!彼氏になってほしい!

そう思った女子が、料理上手になったり、きれいになったりするあのパワーは、彼が好きだという感情が起こしているものですよね。

現実化しているものを変化させるほどのパワフルさを持っているんです。

 

痛みや苦しみ、悲しみ、怒りもおなじ事ですよね。データ化、数値には出来ないけれど、これらもパワフルなエネルギーです。このパワフルなエネルギーを、負から正へと向かわせるためのスキルのひとつとして、ヒーリングがあるのではないか?と思っています。

 

時間をかけて崩してしまったバランスを取り戻すのは、同じぐらいの時間をかけて行わなければ取り戻せないのではないかなと思っています。

私も長い長い時間がかかりましたからね。そしていまだ不完全です。当たり前な話ですが、どこかが歪で、偏りがあります。

でも、自分の中にたまっていった過去のトラウマを向き合う勇気を手にし、自分との対話を始めたとき、偏っている自分が大好きになりました。

 

完璧である必要はない。

それよりも、あなたは人から愛されているでしょ。

愛されているからこそ、この世に生まれてきた。

それを忘れないで。

 

そう自分から言われたようで、心の底から安堵したら、不安や心配、恐怖が私の中からいなくなりました。

 

ひとは、たった一人でもあなたを大切に思う、愛してくれる人がいてくれたら生きてゆける。

 

まずは自分で自分を赦し、愛すること。

ヒーリングって、そんな基本的なことを教えてくれる気がしています。


焦らずゆっくりと、自分を癒してください。あなただけの、あなたのペースで癒していけば、それがベストなのだと思いますよ。

 

 


レイキ・ヒーリングセミナー&サロン

ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com