レイキで体調を整える

もう4月ですかー!
と、朝、カレンダーを3月から4月に換えながら呟いた言葉。日が経つのがはやいですね。

時間はあるようでないのだと、今年のお正月にふと思ったことでしたが、ぼやぼやしていると時間だけが過ぎていってしまう・・・かといって、慌ただしいのも好きではないので、やはり、このままのんびりと月日が経つのを迎えることになりそうです(笑)。



今月は沖縄へ行ってきます。2泊3日の予定なのですが、勉強もあり仕入れもあり(笑)。

日程が短いのでさぞや体力もいるであろうということで、早めに身体の調整をしているところなのですが、そんな中、友達と行った魚料理の美味しいお店で、ヘビーに食べてしまったんです。


半分ほど食べたところで「これはまずい・・・」と思ったんですが、そんなとき救世主のごとく食べてくれる主人もおらず、残すのも申し訳なくて食べきってしまったところ、胃の痛みより何より肩胛骨のあいだが痛い・・・・。


胃の不調が起きるとよく起きる痛みで、なんとも言えない嫌な感じの痛みなんです。


正直、私は身体が丈夫ではありません。あちこちに不調がでやすい身体で、今日は万全だ!という日の方が少ないかも知れません。


なので、レイキが欠かせません。


今回は背中に手をまわせるだけまわしたところ、自分でもビックリするぐらいレイキが流れたので、できれば背中にたっぷりレイキを流したかったのですが、そうすると手が痛くなってくるんですよね~(苦笑)。


そこで、痛みの原因であるであろう胃のある場所に手を置いたところ、背中の痛みが引いていきます。でも、感覚的に背中に置いた方が良い、というのが分かるので、片方の手は胃のあたりに、もう片方の手は痛みのある場所の反対側、胸に手を置いてみました。


レイキが身体を流れていくので、背中側に痛みがあったとしてもその反対側に手を置けばレイキは流れていくんですよね。このあたりがレイキの便利なところ!

しばらくそのままにしていたら、身体の中側、胃のあたりが温かくなり、腸も動きだし痛みがずいぶんと軽くなりました。


旅行先で胃腸を壊し、レイキを持っていたおかげで助かったという話をよく聴きます。

そんなふうにして、自分の生活スタイルに沿うようにレイキはご自身の健康維持や痛みの改善などに使えます。


レイキはどんな宗教観であれ、思想をお持ちであれ受けられるハンドヒーリングエネルギーであり、むずかしいことは一切ありません。家族やペット、恋人や友人に使っても安心なヒーリング方法です。
手を当てる・・・というところで宗教色を感じる方もいらっしゃるようですが、古くから行われていた手当療法は科学的に説明ができる仕組みがあることが分かっているのですが、昔の人たちはどうしてなのか?が分からず、その分からないところと宗教を組み合わせた歴史というものがあるために、手当療法と聴くと宗教のイメージが浮かんでくるのは仕方ないことなのかもしれません。大昔の人たちは、手を当てるだけで痛みが和らいでくれたことは不思議であると同時にありがたいこと、であったと思います。これはきっと神様の・・・と思うのも無理はないですよね。


しかし、今のレイキヒーリングは、あやふやな部分を理学的に説明するところまで解明されてきており、宗教や思想を越えて人を癒すことのできるレイキは人間にとって有益なエネルギーであるといえると思っています。


自分だけでなく怪我や病気で苦しんだ自分の愛犬がレイキでずいぶんと助けられた私の母親は、レイキを学んだもののレイキの仕組みをさほど理解しているは言えません。でも、レイキの良さを目の当たりにした今、レイキをずいぶんと日常に取りいれて使っています。


母のようにレイキを使ってくれることが私がレイキティーチャーを続ける上での目標であり、目的です。


私の虚弱な身体を支えてくれているレイキ。

まだお持ちでない方は、ぜひこの春、レイキを持ってみてはいかがでしょうか?


家族や自分のためだけならカジュアルレイキがオススメですし、レイキをしっかりと勉強し、他者にも使っていきたい方にはレイキセミナーがオススメですよ!


ご予約はファーストノエルまでどうぞ!

電話 090-7418-8550(久保田)







レイキセミナー&チャクラヒーリングサロン

ファーストノエル

www.rie-noel.com