レイキヒーリングの良さを実感中

以前はいろんなヒーリングに興味を持って、いくつか勉強したこともありましたが、最近はすっかり落ち着いて(笑)、エネルギーワーク専門のヒーラー サロンとして活動しています。そのなかで、やはり、私の生活に欠かせないレイキ。

日本発祥の自然療法の一つであるレイキを使わない日はありませんが、最近は、自分の癒し ヒーリングにレイキをとても多く使っています。

レイキを始めて9年たちますが、思えば、自分にレイキを使ったのは、ファーストステージのアチューンメント後にはじめる自己浄化期間が集中的に使った時間で、あとは、痛みがあればそこに といった具合で、やはりレイキは仕事として使っていたことが多かったかもしれません。

改めて自分にレイキを使っていくと、感じることや 気づかなかったことに気づく といった 新鮮に思うことに出会います。

 

レイキの良さ というのはたくさんあります。

信仰している宗教 思想には関係なく誰もが使えるハンドエネルギーであることや、集中力を必要とせず、ただ手を置くだけでレイキが流れていくという手軽さ。ストレスや痛みの緩和、美容の効果も期待できるだけでなく、意識の変化 成長への期待もできるという面など、あげていけばキリがありません。

そのなかで、自分のトラウマを癒しながら気がつき、これは嬉しいなぁと思ったのが、レイキはその人の弱点、過去のトラウマや心の傷といったその人にとって触れられたくない部分であったり、他者が容易に足を踏み入れられない心の領域を、じんわりと優しく、その人のリズムに合わせて癒してくれる ということ。

 

心の中に 許せない誰か であったり、許せない何か があるとき。
そのことがいつも頭に浮かんで離れず、思い出すたびに不快な気持ちになる。
大嫌いな相手であるはずなのに、その人へのダメだしや悪口を心の中で呟いていると、ますます気分が悪くなり最終的には自分が嫌いになる。

許せない相手がいる自分の未熟さ、弱さ、情けない自分を見つけてしまい、いたたまれなくなる。

そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。かくゆう私だって、何度もあります。

 

そんなとき。

そっと、心にレイキを当てる。

手から流れてくる温かいエネルギーが、痛んだ心に流れて、じんわりと温めてくれる。冷えた心に引っ張られて痛みや不調を感じていた身体にまで温かさは流れて、ほんわりとする。


そして、気がつくと あれほど心を冷やした出来事や人間関係が、頭の中から消えてしまっていたり、思い出したとしてもアッサリと「そんなこともあったなぁ」と振り返られるようになる。

これが、レイキが癒しを起こした といえる現象の一つなのかもしれません。

 

もし、また同じ事や人に囚われて、心が冷たくなるようでしたら、それらを思い出したタイミングで、心にレイキを当てるといいですよ。冷えた心をレイキが温めてくれますから。

 

レイキは自分で自分を癒すことが出来る というのが最大のメリットかもしれません。

心にレイキを流すときは、自分自身と向き合う貴重な時間ですから、その時間が大切な気づきを与えてくれ、次へ進む方向を教えてくれます。

あなたが行きたい場所へ案内してくれるのは、あなた自身。

行き先案内人のあなたの手に、レイキを宿してみてください。レイキはきっと、素晴らしい方位磁石となって手助けをしてくれるはずですから。

 


レイキセミナー&チャクラヒーリングサロン
ファ.ーストノエル
www.rie-noel.com