レイキをパワーアップさせる

レイキを習得して実践をしていると、レイキのパワーアップに興味が沸く・・・ということがあるかもしれません。

 

当サロンには、レイキセミナーの生徒以外に、他でレイキを習得された方がレイキヒーリングのセッションを受けに来られる、ということがあり、レイキヒーリングをさせて頂くと、

 

「くぼたさんのほうが手が温かい!」

 

と、自身より私の方がレイキが強く流れている という印象を持たれる方がいらっしゃいます。

 

なので、いつも

 

「レイキが必要な箇所なので、レイキがたくさん流れたんだと思います」 と答えています。

 

つまりは、私の方がレイキの流れが太い、または強いといったことは私には分かりません。ただ、レイキをお仕事とさせて頂いているので、仕事にしていない人に比べたら使う頻度が高いので、強く流れる可能性がある とは思います。

 

エネルギーワーク系のヒーリングとなると、エネルギーの強さ に意識が向きがちですが、夜間の工事現場には強い真っ白な照明を置き、赤ちゃんが眠る寝室には柔らかいオレンジ系の照明を照らす といったように、強ければいいものではないと思っているので、ヒーリングで使うエネルギーは”その方が必要とする分だけのエネルギーを届けられるか”が大切なのではないかなと思っています。

 

ですので、そのことを踏まえた上で、レイキセミナーではレイキのパワーアップ方法をお伝えしています。

 

いくつかあるのですが、ブログは生徒以外の方も見てくださっているので、一般的で誰もが取り入れやすいものをお伝えしますね。

 

まずは、深呼吸!

はあ?そんなの知ってるわ!という方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

 

レイキを習得しにこられる生徒さんのほとんどが、呼吸が浅い、肩で呼吸をしているタイプなんですね。はじめてアチューンメントを受けるので緊張しているということもあると思いますが、手や足の冷たさなどを見ていると、普段から緊張が強いのではないかなということが伺えます。

 

お腹に意識を向けて、ゆっくりと呼吸をしていくとリラックス状態に入りますから、レイキの流れもよくなっていきます。そして、レイキが身体を流れているんだと意識することも大切です。

腹式呼吸が苦手~という方は、両腕を肩より上にあげる、バンザイのポーズで呼吸すると、勝手に腹式呼吸になりますよ。まずはそれで練習してみてくださいね。

 

もうひとつは、ウォーキング。

季節もちょうどいい気温です。週末に近くをお散歩されてみてはいかがでしょうか?

足先が冷えるといった冷え性の方や、あれこれ考えすぎてしまい閉塞感を感じているタイプにもお勧めですが、実はレイキもよく出ます。

身体の気の流れそのものもよくなるので、レイキもまた流れが良くなるのだと思われますが、グランドマスターに聞いたことですが、ウォーキングをすると、足の裏から身体の余分な気を地球に流していることになるので(冷蔵庫などにあるアース線と同じ役割)調子が良くなったり、重だるさが軽くなる といったことがあるそうです。

 

このふたつを一緒にやってみると、なかなか良いですよ!

呼吸を意識して、お腹を引っ込め背筋を伸ばして歩く。足の裏からは余分なエネルギー・・・考えすぎている案件や悩み事、心配事などが地球に流れ、代わりにフレッシュなエネルギーが身体に流れてくる。

 

私は腕をぐるぐるとまわして肩の筋肉をほぐしながら歩きますが、これもまたレイキがぐっと流れてくると感じるので、ぜひ一緒にやってみてください。

 

 

 

 

 

 


レイキセミナー&チャクラヒーリングサロン

ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com