レイキで身体を温めよう

レイキヒーリングで身体を温めると良いことづくし

先月から腸もみマッサージにレイキをプラスしているおかげで、下半身の冷え症状がなくなってきていますが、さらに体重が落ちていたのでまあびっくり!でした。

腸の調子がよくお通じもスムーズだからでしょうね~。

 

腸もみといっても勉強をしているわけではないので、お腹をさする程度のものですが、腸をさすってからレイキを当てると、何もしないで当てるよりもレイキの入り方が違うのには驚きました。

おなじ感想を私と同じように腸もみ+レイキをしている娘も言っていたので、おそらく効果的な方法なのだと思われます。まさにレイキの相乗効果 といったところでしょうか。

 

 

大腸を支配しているのは第2チャクラですが、この第2チャクラに集まるエネルギーが不足の時、冷えの症状というのが出やすいと言われています。

チャクラのヒーリングをしていると、問診で伺った冷え性という症状があるクライアントの第2チャクラは不足傾向にあるのは経験からも頷けます。

またさらに、第2チャクラが不足の人ほど、不安や心配が強かったり、自分の良さに気づけずに 自分のマイナス面ばかりを見てしまう、足らない部分にばかりフォーカスしてしまうという傾向があることも分かってきています。

 

自分を見つめる目が鋭いためにちょっとしたミスでも見逃せず、自己嫌悪に陥ってしまう傾向もあるよう。

また、このチャクラが弱くなると体力や気力も落ちてくるために、元気が出なかったり、行動力も鈍くなったり。

 

いまいちやる気が起きなかったり、元気が出ない。身体も冷え気味で足先やお腹に触ると冷たい。

 

といったときには、第2チャクラがあるおへそのあたりにレイキを当てて温めていくと効果的です。

 

私がよくやるのは、身体が冷えて体温が下がっているなと思ったとき、かならず手を第2チャクラのある部分に手を置いてレイキを流しています。特に冬の早朝から出張といったときには、移動するバスも暖まっておらず寒いので、片手だけでもお腹に置いて、全身にレイキが流れていくイメージで身体を温めます。

 

第2チャクラは腸を支配していますから、第2チャクラがレイキで活性化してくると腸にもどんどんエネルギーを送り込みますからお通じがよくなることも考えられます。現に便秘気味の娘がお通じが良いと喜んでいましたし、私も無理なく体重が落ちていたので、これは良いことづくし!と言ってもいいかもしれませんね(笑)。

 

これから、気温も下がっていきます。身体は冷えると不調になりやすいですから、身体を温めて元気でいたいですね。

 

 

 

 

レイキセミナー&チャクラヒーリングサロン

ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com