チャクラを整えて心も体もスッキリ!

光とカラーで元気に過ごしませんか?

ここ数日、からっと晴れる日が少なく、なかなかお日様の光を浴びる時間が少なかったですね。

そうなると主婦としては洗濯物の乾き具合が心配になるのですが・・・チャクラヒーラーの立場からですと、冬の日光不足による心の不調に気をつけねばと思っています。

 

冬季うつ病、というそうなのですが、いまいち元気が出なかったり、やる気が出ないといったときは、日光不足を考えるのも一つの手です。

 

なぜ日光が関係しているのか?ということですが、最近、いろんなところで耳にする”セロトニン”は日光を浴びることによって分泌されるホルモン。これは”幸せホルモン”とも呼ばれていて、セロトニンが分泌されると人間は幸せを感じやすい、または感じるということだそうです。

 

それともうひとつ。大切なホルモンがあります。

睡眠などの体内時計を調節しているメラトニン。このホルモンも日光不足が生じると分泌されるタイミングがズレてしまい、結果として生活のリズムが乱れる事になってしまうわけですね。

 

むかし、作家をやっていた頃に締め切りに追われて、部屋に閉じこもって昼夜問わず原稿を書いていたときがあったんですが、当然、日光不足になりますよね。そしたらやはり生活のリズムが崩れ、食事も食べたような食べていないような時間が続き、結果としていい原稿は書けないことがありました。

 

もう何十年と作家として活躍されている今でもお世話になっている作家さんは、普通の人と変わらない生活のリズムで、昼などは散歩されたりしていますが、それが良い作品を生み出す秘訣なんだと思ったことがあります。

 

光・・・これは人間にとって とても大切な宇宙からの贈り物。

 

光のエネルギーを受けて内分泌を促しているのが、チャクラ と呼ばれている7つのゲート。チャクラが受け取ったエネルギーを身体に送り込んだり、または外に出すなどして内分泌や臓器、さらには意識や精神といった部分にも影響を及ぼしています。

 

これって、眉唾物ではないんですよ。最近は科学の発達によって理学的に証明されつつある存在で、チャクラはボディだけでなく、意識や精神にも影響を与え、さらにそれは人間関係や人生にまで影響を与えていると言われています。

 

確かに、チャクラヒーリングのセッションをさせていただいていると、身体の問題だけでなく人間関係についての悩みや、自身の将来に向けての問題などがチャクラから見えてくることがあり、さらにそれは必ずといっていいほど身体にも繋がってくるんですよね。

 

さて、日光不足によって起きる内分泌のアンバランス。

これを解消する方法の一つとして、日光不足なら人工的に光を当てればいい!と思いませんかね?

さらには安全に、どうせなら内分泌を支配しているチャクラに当てればいい!

 

ということで、チャクラヒーリングのひとつである”バランシングチャクラ”がお勧めです!

 

バランシングチャクラはペンライトの光とチャクラの波長に合わせたガラスを使って、チャクラに直接、光を当てていきます。

例えば、7チャクラだったら波長は紫色であることが分かっているので、紫色のガラスに光を当て、紫色の波長をチャクラに当てていきます。しかも、ただ当てるだけでなくて、チャクラに集まっているエネルギーのバランスを見て、もし過剰であるならエネルギーを抜き、不足しているようなら足して、過不足のないバランスの取れた状態にしていきます。

 

バランシングチャクラは、かなりの人数にセッションさせていただいておりますが、一番多い感想としてスッキリ!という言葉をよくいただきます。中には、背筋がまっすぐ伸びたという感覚を覚える人もいるようですが、なんとなく重たく感じていたからだが軽くなった、スッキリしたというふうな感想をおっしゃる方が多いですね。

 

バランシングチャクラは、チャクラのバランスを見ていくので、ご自身の普段の癖や傾向、持っている才能なども分かってくるのでなかなか面白いセッションです。

 

日々の健康維持や美容などにも活用して頂けますよ!

ご予約はファ.ーストノエルまでどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com