妊活 妊娠 出産に関わったレイキの症例

レイキは妊活、妊娠、出産のサポーター

前回のブログで、すでにネタが決まっているという珍しい現象 が今日のブログです(笑)

 

サロンを始めてから傾向として多いと感じているのが、女性の冷え性の多さです。わたし自身も冷え性だったのでよく分かりますが、カウンセリングで問診をさせていただいていると、冷え性の項目にチェックを入れる方が女性に特に多いんですね。

 

冷え性の症状がある方のほとんどが、第2チャクラというオレンジ色のチャクラのエネルギーが不足気味な事が多く、その反対に第6チャクラという青色のチャクラのエネルギーが過剰というパターンによく出会います。

 

今日のブログの記事にさせて頂くAさんもそうだったと記憶しているのですが、妊娠を望まれている女性にとって、冷え性というのはぜひ改善して欲しい症状です。チャクラから話をさせて頂ければ、冷え性も症状のひとつになりますが、第2チャクラは子宮を支配しているチャクラですので、第2チャクラの活性は妊活を推し進める鍵になると思います。

 

そのAさんがご結婚されて赤ちゃんを望まれはじめたときに、チャクラへのヒーリングとレイキヒーリングをさせていただいていたので、やはり、意識するところは体温をあげて、第2チャクラの活性を試みることでした。

 

それでも、これはヒーラーとしての直感だと思うのですが、彼女は無事に妊娠して赤ちゃんを産むんだろうなぁというイメージができていたんですね。しかも、男の子 という設定で。

 

今年の早春ぐらいだったでしょうか・・・彼女がレイキヒーリングを受けに来られて、いつものようにレイキでトリートメントをさせていただいたときに、彼女はしっかりと眠っていたのですが、そのときに夢を見られたそうなんです。

 

ノエルさんにレイキを当てていただいているときのちょっと不思議な(でも私の思い違いの可能性も高い)話なのですが…

レイキ中一瞬なのですが、オムツをした右足が股関節からない男の子のオムツの替え方を教わろうとしている夢を見ました。
私は至って普通にふーんという感じでビックリもせず教わろうとしていたんです。
そして夢から醒めてビックリしました”

 

彼女から頂いたメールの一文です。

レイキヒーリングをしているときに、クライアントがメッセージのようなヴィジョンや夢を見ることはたまにあるのですが、レイキヒーリングをして差し上げた翌日に遅れていた生理がきたそうで、ひょっとしたら科学流産ということが起きていたのかな?とご本人は受け止められたそうです。生まれることのできなかった赤ちゃんが、夢を通して会いに来てくれたのかな?と彼女は、見たヴィジョンから感じられたそうです。

 

このメールを頂いた時点で、妊娠は近い!となんとなく私は思っていたのですが、案の定、春には妊娠をされました。やっぱりねと思ったと同時に孫の誕生を待ちわびるばあやの気分で喜んでいたら、インフルエンザにかかったと聞き、他の先生方にも協力して頂いて遠隔レイキをさせていただきました。

 

Aさん自身もレイキを持っていらっしゃる方なので、ご自身も高熱の中 おなかの赤ちゃんを守ろうと手を当てレイキを流されたことで、インフルエンザも完治し、お腹の赤ちゃんも無事でした。

 

やっぱり、レイキってすごいね~ありがたいものだね~と、遠隔レイキをお送りした先生方と話しつつ、その後も折に触れて、妊娠期間の彼女にレイキヒーリングをさせて頂いていました。

 

レイキが妊娠中の彼女をさりげなくサポートをする。

大きくなってきたお腹を支えるために、背中や腰に痛みを感じたらレイキを流す。

レイキは、自然なもの、宇宙からのエネルギーですので副作用がありません。

ですから、お腹の赤ちゃんに気を遣うこともなく、どんどん使うことが出来ます。

 

羊水の中でお母さんの声や愛情、お父さんの気遣いを感じながら、それと一緒にレイキを受け取りながらすくすくと育っていった赤ちゃん。きっと元気に生まれてくるだろうと思っていたとき、里帰りで実家に戻られていたAさんからメールを頂きました。

 

身体はお元気そうだったのですが、お気持ちが優れないということ。

ホルモンのバランスやら環境の変化などで落ち込みがちになることはありますから、遠隔でレイキを送りますね~とお返事をした数時間後・・・・破水した!というメールが。しかも予定日より早い!遠隔をお願いします!とメールに書かれていたので、すぐに送らせていただきました。

 

遠隔レイキをさせていただくとき、私の場合はちょっとしたアイテムを使うことが多いんですね。お送りする方の症状や状態にあわせてパワーストーンを使ったり、ジュエルエッセンスを使う。ときにはバランシングチャクラの光を利用することもあります。

 

でもこのときは、迷わずジュエルエッセンスの クンツァイトを使いました。クンツァイトは女性の味方!恋愛、結婚、妊娠とすべての女性の味方と言えるような症例を多く持っているジュエルです。

 

その後は常に祈るような気持ちで1日を過ごし、無事の出産を願いました。遠隔レイキも何度かに分けてお送りし無事に生まれてくることをイメージして。

 

そして、破水したと聞いてから翌々日の朝、嬉しいメールをいただきました。(メールの一部抜粋)

 

 

”今朝の2時過ぎに元気な男の子の赤ちゃんを出産しました!
2600グラムくらいでした!
母子ともに健康です。

初産なのに12時間で子宮孔が開いてくれて、助産師さんにもビックリされました!
これは絶対にノエルさんのおかげだなと思っていました。
遠隔レイキありがとうございました。
自分ではできる余裕が全くありませんでした。
そしてトータル15時間で元気な産声をきかせてくれました。

 

そういえば、陣痛初期から中期にかけて陣痛の間にぐっすり眠れて、助産師さんに「いいことだよ~休んで~」って言われたのですが、今思えばレイキのおかげだったんですね!
そのおかげで体力がもちました。
産後の体の回復も早いです。
ただなかなか眠れなくて精神的に昨日は辛かったのですが、昨夜も眠れないので第4を空に書いてからレイキを頭から当てていき、一番反応があるハートで深呼吸をしばらくしてたら短期間ですがぐっすり眠れて今日はちょっと楽になりました!

ノエルさんにお伝えしようと思っててそのままになってたんですが、産休に入り飯田でノエルさんのヒーリング中、旦那さんが側にいて分娩室で赤ちゃんが無事に産まれて産声をきいてっていうシーンと、親子三人で写真を撮る映像がリアルに見えたんです!
本番そのままでした!
今思えば不思議なイメージでした。”

 

 

ほんとうに。

レイキは不思議ですね。でも、その不思議さに答えが出せなくても、レイキは私たちをサポートしてくれるエネルギーだという事実だけはよく分かります。

 

妊活から妊娠、出産へと順調に進んでいったのには、ご本人と努力と家族のサポート。これが絶対的な力になったと言えます。レイキはその横で、そんな頑張るAさんとその家族をさりげなくサポートしていったと今回の事で言えるのではないかなと私は思っています。

 

 

新しい命が生まれる私の現実世界で、私の家では13歳の腎不全で闘病中だった猫の介護をずっとしていました。

食事をしているときでも猫を膝に入れ、レイキを当てたり身体をさすってマッサージをしたり。

ひとつの命が終わりを迎えようと苦しみの中で頑張っている最中に聞いた赤ちゃんの誕生は、今後の私の人生において一つのテーマとなるであろう、生と死というものをずっしりと与えてくれたようにも感じています。

 

レイキは、人間の人生そのものをサポートしてくれるエネルギーです。

生においても死においても、人間が大きな壁を感じるその瞬間でもレイキはサポートしてくれます。

まだまだ科学的に解明できないヒーリングエネルギーですが、科学的な証明よりも何よりも、レイキと共に暮らす私の現実世界にレイキエネルギーがもたらす恩恵は毎日のように起きて、私は受け取っています。

それが、レイキの事実、現実です。

 

Aさんから赤ちゃんの写真を送っていただき、さらに男の子だと分かって、私の本能的な直感は当たったなー!なんて暢気に笑っていますが、ヒーラーとしてのサポート役で見守らせていただいた赤ちゃんに会えるのを心待ちにしています。

 

ブログの記事とさせて頂くことに快諾してくださったAさん、ありがとうございました。そして、赤ちゃんのお誕生、おめでとうございます。

さらに、遠隔レイキで助けてくださった先生方、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファーストノエル

www.rie-noel.com