レイキヒーラーの道のり

レイキヒーラーの数だけ道がある

先週 土曜日にレイキのメンテナンスレッスンのため、東京へ出張してきました。

 

レイキのメンテナンスと聞いて、足を運んでくださるだけに皆さん熱心で、テキストも当時、お配りしていた私の名刺まで持ってきてくださった生徒さんもいて、嬉しいやら恥ずかしいやらでしたが、レイキのメンテナンスになったのではないかなと思われます。

 

生徒さんのなかに、私が東京へ出張させて頂くきっかけとなった、いわば最初の生徒さんがいらっしゃいます。

 

メンテナンスレッスンは各ステージにあわせて、午前と午後にわけていたのですが、面白いことに午後のメンバーは、はじめて私を東京に呼んでくださった生徒さんたちで、これは不思議さを感じるメンバーになったねと会場を提供してくださった、芳香さんのオーナーと話をしていました。

 

 

もう何年前だろうねぇ?なんて話をしつつ思い出していたら、ファーストを受講されたのが今から7年前でした。

 

7年前・・・実力もないのに不安を覆い隠すために”私は出来ているんだ!”と言い続けていた当時の私が、レイキアチューンメントをさせていただいた生徒さんです。

 

このときの生徒さんが

「あのときは”先生”って感じてみてたからとても大きな人に感じてたけど、ノエルさん、案外と小さいですね」

 

とおっしゃって、当時の自分がどれほど虚勢をはっていたかと思って恐縮すると共に、今の小さく見える自分は、きっと今のそのままの自分なんだと思いました。

 

そんな、未熟だった私から受け取ってくださったレイキ。

 

この生徒さんたちが、この7年間のあいだに経験されてきたこと、悩みや問題などは、折に触れて聞いておりました。

 

生きていれば、問題や悩みが起きるのは 当然のことかもしれません。

 

そうして7年後、ゆっくりお会いしたときに、生徒さんたちからは、それぞれの人生に起きた問題や悩みを、自身のチカラで乗り越えてきた という雰囲気が伝わってきて、ああ、これこそレイキ道だ・・・と思いました。

 

時には身体に不調をきたしながら、毎日、繰り返される生活をこなし、自分の命を守ってこられた。

 

過去の私が未熟だったのは、わたし自身のマインドやスピリットであって、師匠やその上の先生から伝わってきた宇宙のエネルギーであるレイキは、未熟ではなく、完璧。

レイキは素直に生徒さんたちのボディ、マインド、スピリットを揺らし、ご本人が意識する、しないにかかわらず、ボディの中で、心の中で発動してきてくれていたんでしょうね。

 

そして、7年たっても、私の前に座ってくださって、レイキのレッスンを受けてくださっている・・・。

 

未熟な私から受け取ったにもかかわらず、レイキを使ってくださったことに心からありがとうの思いでいっぱいでした。

 

 

レイキは使わなければならない、というものではありません。

 

レイキアチューンメントを受けて、レイキを手にしたら、ご自身の生活の中で思う存分、使って頂ける安心できるヒーリングエネルギーです。

 

自分や人にレイキを当てる、流すといったことはしていなくても、レイキが溢れでる手は、誰かに触れたり何かを作ったりと、毎日のように使われています。

 

子供に触れたとき。

家族にご飯を作ったとき。

職場の同僚にお茶を入れたとき。

 

仕事から帰ったご主人の肩にそっと触れたとき。

奥様の手を握ったとき。

癒しをくれるペットを撫でたとき。

 

レイキは、本人が意識している、しないにかかわらず、触れたその場所に流れていきます。

 

ですから、レイキセミナーでレイキを受け取った瞬間から、そのエネルギーは自分自身のもの になるわけです。

 

使い方は自由。

自分の生活スタイルに沿うようにして、レイキはあなたの日常の中に癒しを起こしていきます。

 

レイキヒーラーの数だけ、レイキ道はある。

その道は誰かと比べる必要はなくて、ただただ、足を進めていく道 ということなんですね。

優劣も勝ち負けもない。

どのヒーラーの どの道も、自分だけの大切な道になるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファーストノエル

www.rie-noel.com