· 

今年1年、ありがとうございました。

良いお年をお迎えください

仕事納めの今日は、サロンの掃除に加えてテーブルの位置を変えるだけの模様替えをして終了となりました。

 

今年は、3月に飯田サロンを閉じまして、飯田サロンに来ていただいたクライアントのみなさまには困惑と迷惑をおかけしました。こちらの都合で行ったことにもかかわらず、松本まで足を運んでくださった方もいてありがたかったです。ありがとうござました。

 

先日、帰省した娘に「今年を漢字で表すならどんな字?」と質問をされて、はて?と考えていたのですが、ふと浮かんだ漢字は「進」でした。

 

飯田サロンを閉じたことも、私がやっていきたいと思っている事を実現させるための一歩になったと思うのですが、大きな出来事として1月に レイキのグランドマスターの元で、マスターとしての訓練を受けたことがとても大きかったです。

 

当時はまだ沖縄にいらっしゃったグランドマスターの元へ行こうとした前日、愛知のセントレア空港は大雪で飛行機が欠航。協会の理事から心配するメールをいただいてあたふたしていたのですが、そういえば私は雨女、大事なときには雨が降るということをご存じだったグランドマスターから、

「もし、沖縄に来れなかった場合は、マスターの訓練を受けるタイミングではないということだし、飛行機が飛んでセミナーを受講できたときは、ベストなタイミングで受ける」

ということだと言われ、ハラハラどきどきしながら当日、大粒の雪が降る高速道路をクルマで進んでいったら、飛行機は無事に飛び 時間通りに到着することができました。

 

講座を受けることは今までにないぐらいに緊張していたのですが(緊張のしすぎでお正月から胃が不調でした)二日間に及んだ講義を受けたあとは、マスターとしての自信と安定を得たような気持ちでした。そして、今年からがマスターとしてのスタートを切った思いで1年間、さまざまな方にレイキセミナーを開かせていただきました。

 

そして、もうひとつは娘の巣立ちでしょうかね。進学のために県外に拠点を置いた娘ですが、今年の秋に緊急で自宅に連れ帰るほどの病気になったことがありました。病気が治るまでのあいだ完全介護の状態で面倒を見てきましたが、そのあいだに自然療法家として学んだことは大きく、わたし自身の健康にも良い影響を与えてくれました。もちろん、母親としても感慨深いものがあり、これでようやく本当の巣立ちをしてくれたのかなと思っています。(現在は元気になりました)

 

そんな印象的な出来事があったのですが、傍目からはさほどに進んでいないようにみえる1年だったかもしれません。サロンの運営は以前と変わりませんしね。

 

 

ただ、自分の内側では大きく進んだ と感じているんですよね。

わたし自身も大きく変わったかもしれません。

 

子供も巣立ったことで普段はバラバラになって暮らしている家族なのですが、ひとりでいるときも、家族が集まったときも仲良くいられるという、互いが一人でいても自分をしあわせにすることが出来る という良い状態の中で、安心して、わたし個人の楽しみを味わったり、生きる喜びに繋がることに打ち込めるのは、最高であり極上のしあわせなんですよね。

 

よくグランドマスターが「ちょっと足らないなって思うぐらいがちょうどいいのよ」とおっしゃいますが、今はまさにそんな感じで、ちょっと足らないかなぁぐらいの欲を持ちつつも、あぁ、でもしあわせだわ、と、夕方 ひとり分の食事を一人には大きすぎる自宅のキッチンで作る時間にしみじみと実感することは、私に安心と安定をもたらしてくれるんですよね。

 

まだまだ寿命があるだろうに、わたし自身の願うしあわせは叶ったのだから、あとはもうオマケみたいなものだから、残りの人生は私以外の誰かや何かに使っていこう、貢献をしていこうと本気で考えています。まあ、私は本当に十分しあわせだからなぁと思うんですよね。

 

そのあたりが変わったところかなと思いますし、進んだ部分だったと思っています。

 

何十年と満たされず、苦しみから抜け出す、どうやってこの暗闇を抜けたらいいのか途方に暮れるという日々を過ごしてきたことは大いに実りをもたらし、今度はその実りをほかの誰かにお渡しをする・・・その方法のひとつが、レイキを伝えることであり、ヒーリングを続けることだと思っています。

 

来年もまた頑張って参ります。

今年一年、ファーストノエルをご利用いただきまして、ありがとうございました。

 

みなさま、良いお年をお迎えください。

 

年明けは1月5日から営業となっておりますが、ご予約のお問い合わせはお休み中でも受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com