· 

じぶんのこころを道しるべに

ハイヤーセルフについて

もう8月も今日で終わり。

夏の終わりのどこか寂しいような雰囲気がむかしから好きですが、今年の夏はなに!?暑いじゃないのよ!と、暑いのが苦手なので叫んでおりますが(心の中で)なんとか寝込むこともなく、猛暑を過ごせてよかったです。

 

来月からスケジュールにボリュームが増すことが分かっているので、今のうちの準備できることはやっておこうと少しずつ動いているのですが、そんな中で、ふと考え込んでしまう事ってあるんですね。

 

決めなければならないことや、後々のことを考えて計算をして作り上げなければならないこと。予定を見て今年よりももっと先の時間の中でやりたいことを見据えてみたりとか。

 

そうすると、私などは元々、考える癖がありますから、ぐぐーっと考え込んでいくんですね。その日の食事の準備もままならないほどに(手が動かなかったり、食材を切ってるけど、これってどうするんだっけ?と、慣れているのに立ち止まる)深く考えこみ、いわゆる頭の地獄に陥ります。

 

若かりし頃は考え出すとノンストップ状態。ひたすら奥へ奥へと落ち込んでいくだけでしたが、今はある程度のコントロールができるようになったんですよね。

 

経験をしていくことの良さは、経験したからこそ得る知恵があるということだと思いますけど、普段の生活、日常が送れなくなるほど長く考え込んでもあまり良い結果はでないということを経験から分かっているので、まずいなと感じたら、意識してストップをかけます。

 

脳は、身体のすべてを動かす司令塔ではあるものの、脳ってちょっとおばかさんだよねって思うこともあるんです。

 

人間の脳は、エネルギーが集まりすぎると良いことや楽しいことはまず思いつけなくなるそうですが、チャクラヒーリングをさせていただいていると、考え込む癖がある方というのは、いろいろと考えて思いが浮かぶものの、心がわくわくと胸躍るようなことではないことが多いんですね。

 

脳にエネルギーを送る第6チャクラにエネルギーが集中しているときは、勇気や行動力を司る第2チャクラにエネルギーが足りないことが多く、下半身が冷えている、冷えの症状がでている場合があります。

 

叶えたい希望や夢がある、といった場合。

まずは脳が、それらの希望を叶える方法を考え、編みだしますよね。

そしたら、編み出した方法を用いて夢を叶えるわけですが、夢を叶える具体的な事というのは、身体を使って実際に動くことがメインなわけです。

 

つまり、夢を叶えるための動作は脳が考え出して、それを実行に移すのはボディだということですね。

 

この一連の動作は日常的に行う動作とまったくおなじで、

例えば、「今日の夕飯は生姜焼きにしよう!」と思ったら、まず脳は、生姜焼きに必要な食材を考えますよね。

豚肉に生姜、お醤油にお酒、お塩・・・といった具合に。

 

そしたら、次は食材の調達方法を考える。

豚肉やら何やらを調達するのは、スーパーに行く。お金を持ってエコバックを持って・・・てな具合に脳が導き出した結果、実際にスーパーへ行き食材を買って、食卓には生姜焼きが並ぶという感じで、夢を叶える一連の動作、動きも、生姜焼きを作る動作も、道筋はおなじなんです。

 

でも、夢や希望を叶えるとなったとき、おなじはずなのに、なかなか実行できなかったりしてしまうのはなぜか?というと、脳がおばかさん なんですね(笑)

 

脳は考える癖があるので、生姜焼き程度の誰もが叶えられる願望であるなら、その計算方法は簡単。考えすぎる必要ってないんです。

けれど、夢や希望といった、人生にも深く関わる事となると脳は深く考え込んじゃう。まして、経験したことのない未知の領域のことであるなら、なおのこと、脳は考え込みます。脳も知らないことだから、どこかにリスクがあるのでは?なんて思っちゃうんでしょうね。

 

そこで、こころ の登場です!

この、こころ といった部分を、レイキセミナーのなかでは、ハイヤーセルフと言う言葉や魂といった言葉に置き換えることもあるのですが、今日は、せっかくなのでハイヤーセルフに変えてみましょうかね。

 

クルマで旅行など、知らない場所へ出かけたことのある方は使ったことがあると思いますが、カーナビゲーションって便利なものがありますよね。

むかしはペーパーの地図を開いて、それを見て行ってましたけど、今はもうカーナビが案内をしてくれますよね。カーナビのシステムには、宇宙に飛ばした衛星が位置情報をカーナビに送って、クルマの現在地とゴール地点までを導き出し、ナビしてくれているそう。(実際、カーナビに使われている日本の衛生は、みちびきっていう名前だそうですよ。)

 

私たち人間にとってのハイヤーセルフは、この、カーナビゲーションと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

 

私たちが行きたいと思うところ、私たちがやりたいと思うことを教えてくれたり、導いてくれる存在。

存在といっても姿形があるわけではないのですが、ハイヤー(高次)にいるセルフ(自分)が、三次元にいる自分に「あんたが行ったら良い場所や、しあわせになることまで導きますよ~」っていうことをしてくれるんですよね。

 

ハイヤーセルフは、第6チャクラが活性すると目覚める、繋がると言われています。ですので、考えすぎてしまうというエネルギーが過剰な状態でも、不足でもいけないんですね。

 

バランスがとれた状態にあることを活性しているといいますから、そういったバランスがとれている状態である ということは、ハイヤーセルフが導き出した道筋を実行に移すボディに、たっぷりと丁度いいエネルギーを送り込む、第2チャクラ、第1チャクラも活性している状態が考えられますね。

 

そうなると、自分が本当に望むものや、自分にとってのしあわせをつかみ取ることができるわけです。

 

生姜焼きを食べたいと思った自分が、数時間後には食卓で生姜焼きを食べているように、夢や希望を叶えることが出来るというわけです。

 

ハイヤーセルフは、脳がフル回転して考えすぎて動き出すもの というよりは、私たちの都合や計算、ストレスといったものから遠く離れ、こころが感じるところに繋がっていることが多いです。

 

なんだかわらかないけれど好きだな、と思う事や物。

説明は出来ないけれど、こう思うな、と浮かんだこと。

 

そういったところのひらめきには、ハイヤーセルフが関わり、メッセージを送ってくれていることが多いんです。

 

なので、私はあれこれ考えすぎたときは意識してストップをかけるんです。

 

私がよく言うのは「考えて考えて、問題や悩みが解決するなら考えればいいけれど、世の中の大半は考えて解決する事ってさほどにない」んです。

 

やっぱり、身体を使うことが必要になってくる。

 

痩せたいと思ってダイエット本を読んでいても痩せないように、脳の動きと身体の動きが互いにバランスよく存在して、はじめて物事って動くと思うんですよね。

 

どうしても考えすぎてしまうという癖がある方は、身体を動かすといいですよ。

散歩したり、スポーツをしたりと、とにかく身体を動かす。

 

そうすると、脳にエネルギーが過剰に行かなくなるので、良いアイデアが浮かんだり、思わぬ解決法が見えたりします。

 

作家さんや音楽家などクリエイターの方で、創作に行き詰まったら歩くという方が多い事とも通じますよね。

 

脳っておばかさん!(笑)

なければ困る大切なものだけど、脳の動きは半分、こころも半分ぐらいが、三次元で生きる私たちには丁度いいバランスなのだと思います。