· 

感じるレイキより 使えるレイキ

レイキが使えてありがたいと思った10年でした

 

先月末に、家族で京都旅行を楽しんできたとブログでも書きましたが、その写真を見た生徒から、私が家族を大切にしていること、家族と一緒に過ごすことをなによりも大事にしていることが伝わってきた、ということを言われました。

 

普段、自分が感じていたことを改めて生徒から言葉にして聞いたようだなと思ったのですが、確かに、いま現在の家族のカタチやわたし自身の現状というのは、とても居心地がよく、わたし自身が落ち着いていられるしあわせな環境であるのは間違いがありません。

 

互いに支え、支えられながら過ごす穏やかな日々というのは、もしここで家族の誰かに何か大変なときが起きたとしても、私はうろたえることなく支えられるだろうという強さを感じますし、信じられるものがあるんですね。

 

こういった私の発言・・・夫婦円満だとか、家族が仲良しといったものをブログやSNSで見かけてレイキの問い合わせをいただくことがあり、正直、戸惑っていました。

 

レイキを受ける = 夫婦仲が良くなる、家族関係が改善する

 

と、たとえティーチャーとはいえ、保証して言えることではないので、どう答えていいのか分からなかったんですね。

 

より正解に近い答え を話すとすれば、それは

 

「レイキを手にして使っていくなかに、夫婦円満や家族関係の改善といったものがあれば、それらは改善していくと思われる」

 

という答えです。

 

もし、あなたが本気で夫婦円満を望むのなら、家族関係を望むのなら、それらに対してレイキは働きかけをしていくであろうと思われますが、その人にとっての最善は、たとえ優れたティーチャーでも判断できるものではないので、断定はできないんですよね。

 

 

と、まあ私は思っているのですが、先日、主人の携帯に6年前の私が某所でセミナーを開いている写真を見つけ、主人が見せてくれたのですが・・・若いけど今よりも太ってるという家族の世知辛い感想を聞きつつ、セミナーを開いているときの自分を色濃く思い出していたんですね。

 

当時の私は、色んな意味で必死で、暗闇の中を手探りで「私の好きな事ってなに?しあわせって?」と叫びながら歩いていたようなものでした。

 

当時の私は、「しあわせだよー」と言っているんですけど、それが喉をからして叫んでる「しあわせだよー」で、心からそう思っていない。むしろ、不安定で不安でたまらなかったんですね。しかし、当時はまったく気づいていませんよ、そんな自分にね。

 

 

でも、あれから6年という長いようで短い時間の中で、わたし自身の中側や外側で、家族との関係の中で、夫婦という関係の中で、様々な変化が起きていったんですよね。

 

日々の中で起きる出来事ですから、いってみればそれは、ほんとうに小さくて些細な変化で、気づきで、あえて文章として書き残すようなものではなく、例えば、嫌いだと思っていた料理をちょっとずつ食べてたら、いつのまにか好物になっていたぐらいの、ほんとうに小さな変化なのですが、6年後の今、10年後の今、その変化をよくよく見てみると、なんとまあ、大きな出来事か!と思うわけです。

 

あれがあったら、今のしあわせがあるんだな。

 

と思うことが、小粒だけどもたくさん散らばっているわけです。

 

この些細な事だけれども時が経てば大きく感じる変化、というものを、実は、レイキが起こしていたということを、10年経った今、ありありと感じるんですね。

 

 

レイキを習い始めた頃というのは、たいていの場合、見えることや感じることに意識が向かいます。レイキの強さであったり、知識の豊富さなどに目が行く場合もあるかと思います。

 

私も最初の頃はそうでしたよね。

目に見えないレイキを見ようとして、いろいろと試したこともありますし、レイキを感じられたことが嬉しかったり。

 

でも、この不思議な科学的に解明されつつあるレイキエネルギーが、見えないところでさりげなく起こしてくれた変化、それによって出来上がった現実をよく見ていると、レイキを使えたことの良さの方が、はるかにありがたく嬉しく大事に思えるんですよね。

 

レイキを持っていて良かったと、心から言えるというのは、日常の中でレイキを使ってきたからだと思うんです。

 

使うといっても、夫婦円満になりますように!といって使ってきたわけではないんですよ(笑)

 

怪我をした足や手に、咳き込んで苦しい喉に、痛みを訴える頭に、ストレスを感じる心に、レイキが流れる手を置いて使ってきただけです。

 

でも、それでも、レイキってその人が望む方向に進んでいけるように、手助けをしてくれるんですよね。ときにそれは、自分の力で乗り越えなければならない壁としてやってくることもあるんですけど、「あんた!これ乗り切ってね!応援してるから!」と与えてくれるもので、みっともない姿をさらしながら乗り越えてみると、ちゃんとご褒美が用意してある。

 

それが、レイキエネルギーなのだ、レイキが持っている姿のひとつなのだと、レイキを入れて約12年かけて気づくことが出来ました。

 

夫婦円満を望んで。

家族との関係の改善を望んで、レイキを持ってみたい。使えるようになりたいという方は、まずはレイキをお身体に入れて(アチューンメントを受ける)使えるようになってみてください。

 

もし、あなたに必要なものが、あなたの望むものであれば、レイキが望む方向へと進ませてくれるでしょう。ただ、その先がどんな風景のものなのかは、私にも立派な先生方でも予想が付かず分からないものです。

 

ただ、これだけは言えるのが、レイキは人生を好転させるものとして使って頂けるエネルギーである ということ。

 

今は、それが分からないかもしれないけれど、レイキを手にして5年、10年と時間が過ぎたとき、自分が立っている位置から過去を振り返ったときに、ああなるほどね、と今の私のように分かるかと思います。

 

 

今週、こちらでレイキティーチャーを取得した生徒さんの再受講を行います。素敵な要素をたくさん持っている方なので、ぜひともレイキを伝える人になって欲しいなと思っているのですが、この生徒さんがふと言っていたことで、

 

レイキは人生をさらっと変えてくれると思っていたけれど・・・そう思って受けたけど、そうではなかった。でも、じわじわと変えていくものだと分かった。

 

ということを話していらっしゃいました。

 

神様という存在がいるとしたら、この神様は都合よく願い事は叶えてくれません。

ほらね!って感じで、たった数日で希望を叶えてくれることはしないんですよ。

でも、自分と向き合ってひたむきに努力する人には、ときに奇跡と呼びたくなるような出来事を起こしてくれる。

 

レイキもまた、そんなヒーリングエネルギーなんですよね。

 

使えるレイキ。それを当サロンではこれからもお教えしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


ファーストノエル

www.rie-noel.com