· 

レイキをさらに効果的に生かす方法のひとつとして

プラマイゼロの法則です

レイキのアチューンメント受けて、レイキが使えるようになった自分を前に、

「さあ、これから良い方向へ変化させるぞ!」

「課題や問題をクリアしていくぞ!」

と、思われる方。

 

「レイキを使いこなしていくぞ!」

と、さっそくレイキを日常の中で、自分に、家族に使っていく方も多いと思います。

 

そんな中で急速に変化を示す方と、そうではない方、じっくりゆっくりと変化をしていく方と様々なタイプに分かれることがあり、それには理由がいくつかあるのですが、そのひとつに案外とみなさん見落としがちな理由 があります。

 

それが何か?というと、プラマイゼロの法則です。

 

ファーストステージの講義ではお話しすることなのですが、レイキという人にとって良いエネルギーを持ち、毎日のように使っているけれども、身体の調子がいまいちなんです、という方。

身体の不調によって意識の方にまで影響がいき、落ち込みやすかったり、イライラしたりなんていうタイプの方。

 

レイキ以外の、普段わたしたちが取り入れている大切なエネルギー。

食べ物はどうでしょうか?

 

運が良くなるというからレイキを持ったのに、なかなかそういった実感がない。幸運が続くかと思ったら、そうでもないというタイプの方。

人の悪口や批判が書かれたインターネットを見ていたり、または自分自身がそれらの発信をしていませんでしょうか?

 

せっかく、レイキというプラスになるエネルギーを取り入れても、ひとにとってマイナスとなってしまうエネルギー、添加物の入った食べ物や、ひとへの誹謗中傷、悪口を言ってみたり、それを読んだりしていると、それらはマイナスとなって、レイキというプラスのエネルギーが打ち消し・・・つまりは、ゼロになってしまうんですね。

 

特に、食べ物はかならず口にするものです。

ですから、人間にいちばん近い身近なエネルギーは、やはり食べ物なんですね。

だから、いくらレイキヒーリングを自分に行っていても、食べ物がちょっと残念なものだったら、プラマイゼロの法則で結果が無しになってしまう。

 

これってちょっと勿体ないですよね。

 

だからといって、仕事に育児にと忙しいなかで日々の食事にまで気を遣うなんて無理!という声も聞こえてきそうです。

 

確かに今は、女性も男性も時間に追われるような忙しさの中にいますから、仕事で疲れて、または育児に追われて疲れ切った挙げ句に、身体にいい食事を作るなんて無理!だろうと思います。

 

お味噌汁のだしは鰹節から取って、おかずはすべて手作りで・・・なんてことを言えば、ストレスが増えてしまい今度はストレスによる弊害が起きそう。

 

なので、すべてに無添加で、手作りで!

なんてことは、私は言いませんよ。

わたし自身、そんなことは無理ですから(笑)

 

そうではなくて、ここでもやはりプラマイゼロの法則を生かしてみたらどうだろうか?と思うんですね。

 

自然療法の概念は、マイナスを受けたらプラスを受けるというもので、自然から発生した人間には、ナチュラルなものやエネルギーのほうが相性がいい、心身にとって良いだろうというベースがあります。

 

良くない波動を受けたら良い波動を・・・添加物の多い食べ物を食べたら、翌日は身体に優しい無添加の食事を・・・といった具合に、マイナスを受けたら次はプラスを取り入れていけばいいわけです。

 

まさに、プラマイゼロの法則ですね。

 

電子レンジは、ひとの身体に良くないとされるマイクロ波を利用して、食材を温めます。お肉やお魚、野菜を構成している細胞を細かくしてくと分子になりますが、この分子をマイクロ波が激しく細かに震わせることで、食材に火が通った状態にするので、電子レンジはダメですよ!とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

私もできれば使いたくないのですが、でもねぇ、あれって便利でしょ?(笑)

 

そんなことをいうと、レイキマスターなのにっ!と叱られそうですが、世の中は需要と供給ですから、育児や家事、仕事で忙しいときに、電子レンジは身体に良くないからと、疲れた身体を休めることなくお料理するのは、かえって心の余裕をなくすから、そういうときは便利な電子レンジ使った方がいいと思うんです。

 

ここ最近は、ストレスが身体に及ぼす影響について研究が進んでいて、ストレスこそが病気を生む元だなんてことも耳にします。

 

わたし自身も、サロンで仕事をしながら、過度のストレスに苛まれている方や、心に余裕を持つことが出来ない方の、QOL(クオリティオブライフ)が下がっていることの方が悪害だろうと思っています。

 

 

電磁波を出すから悪い!と電化製品を一方的に責めるより、便利なものは利用する。

スーパーで売っているお惣菜やインスタント食品もそうです。私などはインスタントラーメンが好きで、たまに食べたくなって食べるんですけど、やっぱり美味しく作ってくれてますよね。しかも簡単にお腹は満たされます。

仕事で追われて、夜遅くに帰宅するときはお惣菜を買ってきて食べたりしてますしね。

 

けれども、それらが人にとってはマイナスになるということも理解して、電子レンジを使って調理したら、時間のある休日にはローフードや旬の食べ物を手作りして食べればいいのではないかなと思っています。

 

私はこの自然療法の概念をチャクラヒーリングを習い始めたときに師匠から教えていただいたのですが、自然を使った療法というと、もっと厳密な、添加物は食べちゃダメ!といった幅の狭い感じなのかな?と思っていたのが、そうではなく、マイナスを受けたらプラスを という分かりやすく、受け取りやすいカタチだったので、とても感動したんですね。

 

ああ、自然療法があるから安心♪

さらに、レイキを持っているから、使えるからさらに安心だわぁ♪

 

と思った方!

油断は禁物なんです!

 

いくらレイキを持っていてプラスを足して、マイナスをゼロにすることができたとしても、ゼロはゼロ。

そこから、プラスにするためにはプラスの方を多めに足していかないとダメなんです。

 

レイキを持っているのに体調に変化を感じられないであるとか、レイキのアチューンメントを受けたことで一時的に改善したものの、ふたたび不調に見舞われたという場合は、この プラマイゼロの法則を思い出して欲しいんですね。

 

体調を崩すという事は何らかの原因があるはずなんですね。

 

胃もたれが続くわぁ~と思ったら、質の悪い脂のお肉を食べ過ぎていたとか、暴飲暴食をしてしまったという原因があるように、やっぱり原因ってあるんです。

 

意識の部分でもこれはおなじことが言えます。

 

ひとの悪口言ってなかったかな?とか、芸能人のゴシップを喜んで見ていなかったかな?と思ったら、これは意識の低下のサイン。

そしたら、良い言葉とされるもの、プラスになる言葉を使う。

ほうれい線が深くなってきたかも?と思ったら、笑うことを心がけてみたり。

 

レイキを持っているのに何かしらの不調や、変化がさほどに感じられないと思ったら、まずは自分自身の生活を見直してみて、マイナス面が多くはないか?などを確かめてみるといいと思います。

 

レイキはずっとあなたの頭の中心から流れてきて、足らないところへ足りるだけのパワーを与え続けていてくれます。

でも、それを阻害するものを自分自身が取り入れていたら、レイキがいくら頑張ってもなし得ないこともあるんですね。

 

大きな病気にかかってしまった受講生さんは、病気を発症した直後から食事や日常生活を見直しました。夜遅くまでお酒を飲み、忙しく働き・・・といった生活から、玄米を食べローフードを積極的に取り入れ、レイキヒーリングもしていったことで病気を改善させ、現在はとても元気にされています。

 

食べ物は私たちにとって身近なエネルギーです。

自分自身の生活スタイルに負担のない程度、無理のない程度に見直しをはかることで、レイキが効果的に生かされていくこともあるので、レイキを持ったのにどうしてだろう?と思われる方は一度、見直してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファーストノエル

www.rie-noel.com