· 

チャクラの音で心と体をリラックス&パワーチャージ

チャクラの音で心と体を癒やす

 

さあ、今日はいきなり質問からスタートします。

 

私たちは普段から、目覚めた瞬間から使っているエネルギーがあります。

 

それはなんだと思いますか?

 

お湯を沸かすためのガス?それともTV番組を見るための電気?

 

ガスも電気もエネルギーですが、ちょっと違います。同じエネルギーでも、目に見えないもっと微細なエネルギーのことです。

 

 

では、答えです。

 

起きたらまず、家族に「おはよう」と挨拶しますよね。

 

その、挨拶を表現しているものとは、喉から出てくる「声」ですね。

声も、音(音波)ですから、これも立派なエネルギーなんですよね。

 

ヒーリングをしている人間が「エネルギー」というと、なんだか怪しげに聞こえてしまう方もいらっしゃるでしょうし、逆に、なにか「特別」なもの、普通の人では発せられないものと受け取る方もいらっしゃると思います。

 

しかし、音というエネルギー、音波は理科の授業で扱うほど一般的で、身近にあるエネルギーです。なので、怪しいものでもないし特別なものでもありません。

 

ただ、そこにチャクラの音 とつくと、途端に”怪しさ”がちらほらしてきそうですよね。さらに、特別感もでてきそう・・・。

 

なので、ここで軽くチャクラとは何か説明しましょう。 

 

最近は、チャクラについての説明をレイキセミナーで省いてもいいほど、チャクラについて詳しいことを本を読んで知っている方も多いので、チャクラには色があるということは、ほとんどの方が知っているかと思います。

 

これは、チャクラから私たちの目に見える色が実際に出ているというわけではなく、赤であるなら赤の周波数がでていているため、色で表すなら赤色というわけですね。

 

チャクラの振動数を色で表した図というと、ヒーリングかスピリチュアルの本でよく見る色分けされたチャクラ図を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

チャクラは、それぞれが固有の振動数を持っていることが分かっているので、色分けができるのですが、その振動数を音(ヘルツ)で表すこともできます。

 

チャクラは、そのチャクラの振動数とあわせた色や音を当てたり、共鳴させるとそのチャクラは活性していくことが分かっており、色や音でチャクラを整えるバランシングチャクラは、そのチャクラの特性、理論を元に作られたメソッドですが、チャクラの振動数は音でも表すことが出来ますから、ファーストノエルのANRAアジア自然自然協会のボイスヒーリングは、音でチャクラを整えていくメソッドなんです。

 

 

もっと簡単に言うと、例えば、足の付け根にある赤色で示されるチャクラに、このチャクラが放つ音を聞かせると、そのチャクラは

「あれ?自分が出している音、ひょっとして違ってた?あれ?じゃあ、わたしの(チャクラ)音に変えよう」

と修正していくわけです。(ものすごく砕いた言い方になってます)

 

すると、チャクラはその音で揺れますから、このチャクラが支配するボディに対して、元気たっぷりのエネルギーを補給することができるわけですね。

 

チャクラの音を奏でるのは、ボイスヒーラーの声ですが、この声。

朝起きたら「おはよう」と挨拶をする、その声です。

 

なんの変哲もない、ただちょっとボイスヒーラーになるための訓練を積んだ声ですから、神がかったものでも、スピリチュアルなものでもありません。

 

普通に挨拶をする、ときには言うことを聞かない子どもに「こらっ!」っていう、あの声と同じ。

 

ですから、ボイスヒーリングって実は怪しいものでも、スピリチュアルなものでもなく、チャクラに正しい周波数の音を響かせるとチャクラが活性する という理論を元に作られた、ヒーリングメソッドだということが分かって頂けるかなと思うのですが、いかがでしょうか?

 

分かって頂けたら凄く嬉しいんですけど、

 

なぜに、ここまで、説得しようとしているのかというと、わたくし、最近になってボイスヒーリングの良さを新たに実感したから、なんですね。

 

受けて頂いたらチャクラ整うだろうなぁ~と思うから なんです。

 

チャクラが整うと日常生活はもちろんのこと、人間関係や体や心の問題、はたまた人生に至るまで良い影響を及ぼすとされ、今では日本のドクターもチャクラに着目し人間の健康を総合的に診るという視点から研究されています。

 

ドイツではチャクラを整えたことで患者が回復を見せた症例を元にして波動医学とうジャンルを確立したほど。

 

正直に、そう、白状すると(笑)

ボイスヒーリングは、ほとんど自分のため に使ってきました。

各チャクラの音を拾ってハミングをすればいいだけなので、セッションに入る前や、レイキのアチューンメントをする前など、自分を整えたいときや、自分の癒やしに使っていました。

 

オーダーを頂くこともあるのですが、オーダーされる方というのは、ほとんどの方が”ヒーリングを受け慣れているタイプ”で、ボイスヒーリングのセッションは、プロ向きか?なんて思ってた節もあります。(実際にプロのヒーラーが受けに来てくださいます)

 

ボイスヒーリングよりも、色と光でチャクラを整えるバランシングチャクラの方がセッションのスタイルがカジュアルで、受け入れやすいので、わたし自身がバランシングチャクラ推しという姿勢もあったと思います。

 

ボイスヒーリングの心地よさ、受けた後の清々しい感じ、チャクラがばしっ!と整った感じ、レイキを持っている方ならレイキがいっぱい出てくるわぁ~な感じを、私はひとりで味わっていたわけですね。

 

しかし、ここ数日、ボイスヒーリングのセッションをさせて頂く機会があり、続けてセッションをさせて頂いて、やっぱりボイスヒーリングって最高!っていうか、最強じゃね?と思ったことがあったんですね。

 

私が提供したいと思っているヒーリングというのは、安全であり安心して受けられる事が重要になっているのですが、そのなかで、安心というのはとても比重がかかっている部分なんです。

 

クライアントが安心して受けられるヒーリング という枠の中には、

 

クライアントの心理をヒーラー、セラピスト側が勝手にのぞき見ない、判断しない

 

というのが入っています。

これはソラリジュエルエッセンスセラピーでも大事にしているテーマですけど、どのヒーリング、セミナーにおいても、私はこのことをとても大事にしています。

 

自分が傷ついたこと、辛かったことを誰かに話す行為 というのは、なかなか大変な作業です。

話せるタイプと、なかなか話せないタイプというタイプ別というのもありますが、だいたい、傷ついた話や抱えている問題を話すということ自体が、ふたたび嫌な思いをする、怖い気持ちをもう一度味わうような感覚になりやすいですよね。

 

だから、そのマイナスな部分に触れないと出来ないヒーリングよりも、そこに触れなくてもヒーリングが出来るメソッドを取り入れています。

 

もちろん、お話を聞いてもらいたい方は、じっくりとお話を伺って、解決の糸口をいっしょに見つけていけるように寄り添っていきます。

 

けれども、人間の性質として、本音を話すというのはなかなか勇気がいることなので、その本音と直結する悩みや問題を言葉にする方というのはそう多くはないですよね。本音を言って相手に裏切られた、聞いてもらえなかったときの傷は計り知れないものですから、誰もがそこは守っていると言うことなんでしょうね。

 

まだまだ未熟だった頃は、根掘り葉掘り聞かなければヒーリングは出来ないと思っていた時期もあったんですけど、私が習得してきたメソッドは、相手を詳しく知らなくてもヒーリングができるシステムでしたし、経験を積んでくると、知らずとも癒しが相手の中で起きることが分かってきたからなんですね。

 

私が、自分の癒やしに使ってきたボイスヒーリングは、まさに、この心理を覗く必要ないヒーリングそのものなんですね。

 

モヤモヤとした気分。

悲しい思いや、話してしまいたい気持ち。

 

それらを、いくらプロのセラピストとはいえ言葉にして話すには勇気がいる。

話したことで、変に思われないかな?嫌な人間と思われないかな?

 

といった心配や不安をする必要は、ボイスヒーリングにはないんです。

 

ただ、サロンにお越し頂いたら、私がチャクラの音にチューニングをした声で、ハミングをしますから、その音に合わせてハミングをするだけです。

 

ただ、そのときに、そのハミングの中に渦を巻く思い、辛い気持ち、悲しい思いを思いきって乗せてください。

ハミングをしながら、あのとき辛かったなぁ~悲しかったよ、私はこんな問題を抱えていているんだよという思いを、自分の中でいっぱいにしてください。

 

ハミングですから、他者にご自身の思いを言葉として伝えてはいませんから分かりませんよね。でも、辛い思いや悲しい気持ちは音というエネルギーとなって口から出ていきます。

 

セッション後、どこかスッキリ感を味わうかと思います。

 

親しい友人に恋愛話をたっぷり聞いてもらった後、どこかスッキリすることってありませんか?

ご主人やお姑さんの愚痴を誰かに聞いてもらったあと、まだ頑張ろう!と仕切り直しできるような、あんなスッキリ感です。

 

私は今も、モヤモヤとした気分になったときは、めちゃ音響のいい浴室で(笑)ハミングをします。呼吸法なども取り入れて、心と体のストレスを口から外側に吐き出すイメージですね。

 

そうすると、翌朝には「なんで悩んでたっけ?」と思うぐらいに軽くなっていることが多いんですね。

 

クライアントへのセッションでは、好転反応によく見られる汗をかくという症状が出る方もいらっしゃいますし、身体が温まったと仰る方もいます。

 

カラオケでストレス解消!

大声で叫ぶコンテストでストレス発散!

 

といった感じを、もっとシステム化したヒーリングと思ってイメージして頂いてもいいかもしれません。それほど手軽に、けれども癒し効果が期待出来るメソッドですね。

 

誰にも話せない重たいものを、ボイスヒーリングで手放してください。

手放してからっぷになった空間には、フレッシュであなたが望むエネルギーが入ってくるはずです。

 

ボイスヒーリングセッション、オススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com