良い感じになるためのチャクラヒーリング

チャクラのリーディングはそのためにあります。

各チャクラには、支配している臓器や意識や精神面でのテーマといったものがあり、各チャクラがどんなテーマを前面に出しているのか、各チャクラに集まっているエネルギーの量で推測ではあるものの読み取ることが出来ます。

 

ここで、割と勘違いを起こしやすいのが、チャクラの読み取りはその人の心理を言い当てるためではなくて、その人が良い感じになっていったり、ご自身が持っている希望を叶えるために読み取りを行っている ということなんですね。

 

読み取った結果から、チャクラに集まっているエネルギーのバランスを整えたあとで、チャクラバランスから見えた、あなたの良いところや、これから生きていくために活かせる才能などをお伝えするのと同時に、なにが今のあなたの足を引っ張っているのか、といったこともお話しします。

 

今まで、チャクラヒーリングを受けたことで良い感じに変わっていった方は大勢いらっしゃいますけど、ここ最近、とても印象的でその変化が急速だった方がいらっしゃいます。

 

この方はチャクラリフレクソロジーを定期的に受けてくださっているのですけど、ご自身が持っている優しさが、弱さという違う一面を見せたことで、自分自身が自分を縛りつけているといった印象でした。

 

いま、私がいなくなったらきっと家族は困るだろうと、家族を思いやる気持ちが逆に自分を縛り付けてしまっていたんですよね。

 

それを、別のところでは依存だと言われたようだったんですけど、私の目には、それは有り余るほどの優しさに見えたんですよね。

 

ここまで自分以外の誰かを思える心があるのだから、どこへ行っても、なにをしても人から愛され、大切にされる。人を思う気持ちが溢れているだけで、ベースには優しさという精神の持ち主なのだからという思いがありました。

 

溢れたエネルギーというのは、ただただ溢れ出しておくのではなく、使ってしまう方が合理的・・・というか、もったいない!

だから、その優しさをまずは自分に使ってみてとアドバイスさせていただきました。

 

お話を伺っていると、彼女を取り巻く周囲の人たちは、誰もが彼女の幸せを思い、そしてひとりであっても大丈夫な人たち。ただ今はちょっと疲れていたり、大変だったりしてその重みが、優しい彼女にのしかかっているのだなと。

 

優しさというエネルギーは溢れているのだから、もう十分に、彼女は周囲の人たちに気配りと優しさを向けているのですけど、少し困ったことに、一番大事な自分に、その溢れたエネルギーを使えていなかったんですよね。

 

これ以上に頑張れないというほど頑張っているのに、まだまだ足りない!とばかりに、自分に厳しくしてしまうチャクラのバランスであったのですが、チャクラヒーリングは、そのチャクラのエネルギーが過剰であったり、不足であるために表面に出てくるマイナス面を引っ込ませ、良い状態にさせていきました。

 

そして、ご自身の癖といったものに気づかせ、ご自身の中でもその癖を良くない方向に使わないようにしていくのも大切。

 

徐々にご自身の癖に気づかれたり、閉じ込めていた自分自身の意思や思いが芽吹いたことで、この方はぐんぐんと良い感じに変わっていきました。

 

今から半年前には、生きることすら苦しいと言っていたとは思えないぐらいの、明るさと充実の中にいらっしゃいます。

 

自分自身の問題を解決するエネルギーは、自分の中にしっかりと備わっています。

私は、その備わっているパワーを信頼し、後押しをしただけなのですが、ちゃんと自分が望む方向へ進まれる姿は、清々しく、たくましく、そして美しいです。

 

こんな私たちの人生に役立てることが出来るチャクラヒーリングに、新しいメソッドが加わる予定です。

 

いつ頃になるかはまだ未定でいるのですが、今、ヒーリングに来られた方や友人や家族に、新しいメソッドを受けて頂いています。

 

光線を使った療法としてバランシングチャクラを約10年ほど取り入れていますが、今、習得中のメソッドは宝石の光線をプラスさせたもの。日頃、ヒーリングをして毒素を出している私が、受けると眠くなるぐらいパワフルなのに驚いたのですけど、サロンのチャクラヒーリングをもっと良く出来るのではと思っています。

 

将来的には、このメソッドをお客様に負担をかけない形で提供できればと考えています。それぐらい、多くのみなさんに宇宙光線の結晶である鉱物のパワー、受け取って頂きたいと思っています。

 

おそらくですが、来月末ぐらいまではサロンにヒーリングを受けに来られた方に、私から被験者になっていただきたいというお願いをさせていただくと思います。

もし、お嫌であれば断って頂いて結構です。受けてみたいなと思われた方にご協力をして頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com