· 

ひとは誰でも変われるから、人生は豊かなものになる

やっぱり、レイキのおかげだなと思うこと

このところ、ずっと曇りや雨のお天気ばかりなので、きれいな青空の写真をぺたり。

 

日頃、レイキセミナーの中でレイキについての話をしています。

 

レイキとはどんなエネルギーなのか?その歴史も含めて色々。

そのなかには、科学的に解明されつつある内容もあって、レイキエネルギーそのものについては、神様が与えてくれるもの、であるとか、特別な人でなければ感じられないものといった「不思議なもの」といった印象を与えるものは一切ありません。

 

なので、「不思議なもの」を求めてくる人たちにとっては、ちょっと退屈な講義になることもあるのですが、それでもいつか、私が話した理学的な講義が受講生の中で芽吹き、彼らの日常の中でレイキが役立つことを願いつつお話をさせてもらっています。

 

それでも、やっぱりレイキには「不思議」がくっついてくるのも事実。

 

私の人生に起きた出来事もまた、レイキというエネルギーの出所や、それがどういった類いの周波数のものであるか分かりつつも、それでもやっぱり、その周波数がどうしてひとの人生、家族のあり方を変えることになったのかまでは、やはり「不思議ですよね」と言った言葉で語った方が、今は合っているように思います。

 

ちょうど21年前に、私は子供を産みました。

陣痛が始まった頃から高熱を出した挙げ句、帝王切開で出産という、2日間で13キロ体重が落ちるほどの難産でしたが、生まれた子供には問題はなく元気に育ってくれました。

 

けれども、お互いに若い夫婦だったので(主人は当時21歳、私は24歳)今から思えば、子供が子供を産んだようなもの です。お互いに未熟ですからけんかも多い夫婦でしたし、経済的にも恵まれず、毎日を余裕がまったくない中で家庭を作り上げてきました。

 

それが今。私たち夫婦、家庭は、穏やかで平和で、私にとってとても居心地がいい場所となっています。

昔に比べれば経済的な余裕はありますけど、でも裕福とは言えません。物理的に恵まれているか?といえば、ものすごく普通、平均的でしょうね。スーパーの割引商品を率先して買いますし(笑)、ランチなんて滅多に行けない!

といった、ごく普通の生活水準です。

 

娘が京都にいることもあり、ここ数年は年に数回、家族で京都を旅行するのが恒例になりました。宿泊費がかからないので手軽に行けちゃうんですけど、その旅行をしていたときに、家族にとってのしあわせってお金があるとか、物質的に恵まれているから で決まることはないんだなと気づいたことがありました。

 

ごく普通の生活水準家庭ですから、京都の高い料亭でご飯など食べられませんから、私たちが巡るのは、もっぱらB級グルメや地元の人たちが通うお店。上賀茂神社近くのサバ煮定食(安くて美味しい!)や、お手軽な価格帯で美味しく食べられる天ぷら屋さん(有名な料亭で修行した方がオーナー。安くて美味しい)や、湯葉のお店(高級なイメージの湯葉を手軽に食べられる)など、お金をかけた旅行はしてない・・・というか、できないんですよね。

 

でも、なんだかとても楽しい。

 

京都は美味しいラーメン屋さんが多いんですが、やはりランチ時などは並ばないと行けなかったりします。そういうときはもちろん、私たちも並ぶんですけど、空腹と待っているという退屈な時間であっても、家族といるとなんだか楽しくて、面白くて、幸せな空気感に包まれているような感じになるんですね。

 

ちょっとしたハプニング(道を間違えたとか)があっても、それすらも楽しんじゃう強いメンタルと、穏やかさで、夫婦でありがちな言い合いや険悪なムードも起こらず笑って過ごせる。

 

そうなってくると、良いものと繋がりやすくなりますから、偶然、貴重なものに出会ったり、良い人に出会ったり、ラッキーと思える出来事が起きたりと、実は旅行先で嫌なことに出会ったことがありません。

 

この”今”に至るまでの21年間。

その大半は、つらいこと、かなしいこと、せつないことが洪水のごとく訪れた時期でした。

 

それがどうしてここまで、穏やかで、平和で、楽しく過ごせていられるのか。

 

問題がないわけではないんですよ。誰にだって問題や悩みがあるように、私にも、家族にもあります。

 

けれども、それらの問題に振り回されるようなメンタルの弱さを克服した今は、前向きに、それらを解決しながら生きていこうかとお互いが思っているので、つらくはないんですね。

 

 

ここまでの変化、好転を見たときに、レイキエネルギーはやはり、そのきっかけになったと言えます。

 

どうしてレイキが私や主人、子供を変えていったのか。それにより家族のあり方がここまで楽しくも平和なものにしてくれたのか、その仕組み、実態は「不思議」でよく分かりません。ある程度、理学的な説明ができたとしても、それはあくまでも推測の段階ですしね。

 

それでも、あのときレイキに出会ったからこそ、ここまで変われたんだという事実だけは現実のものとして 有ります。

 

 

いちばん最初に、レイキの師匠からファーストステージを受けたときに手渡されたテキストには、すごく素敵な師匠の言葉が書かれていました。

 

人生のベクトルを一日ちょっとずつでも変えていくことで、1年が、5年が、10年が変わっていく。その日だけを見れば小さな変化でも、年単位で見ていけばそれは大きな変化なのだと。

 

レイキをはじめて10年以上たちますが、これだけの時間をかけてようやく、私の人生を変えたもの。

 

それは、レイキだ とはっきりとした声で言えることができます。

 

 

自分を変えたい、苦しい状況から抜け出したい。

人生を、生き方を自分にとって良いものしたい。

しあわせになりたい。

 

そう思ったとき、レイキを受けるという選択は大きなきっかけになります。

 

あなたが、レイキの世界に入る・・・のではなく、

あなたの人生に、日常に、レイキが入ってくるのです。

そして、レイキを使い、一生懸命に生きれば、私の身に起きた出来事とおなじ、

自分にとっての、ほんとうのしあわせを掴むことが出来ます。

 

 

 

今の日本の状況を見てみると、どうです?やっぱりどこか、不安や心配を感じることが多くなりましたよね。自然災害も多いですし、政治的にも不安になることが多い。

 

こういったものを、避けようのない大きな波として考えたときに、私たちのようなちいさな小舟は、その波にただただ翻弄される存在と位置づけられるのではないでしょうか。

 

自然災害である地震は完全な予知は不可能とされていますし、雨の降り方そのものも昔とは変わってきています。

 

だから、やっぱりちいさな小舟ですよね。

 

でもね、ただただ翻弄されるというところは、少し違うと私は思っています。

 

地震に備える知恵、身を守る知恵を私たちは持っています。

その知恵に、ぺたっとくっつけてほしいのが、レイキです。

 

自分を守り、家族を守り、豊かな人生を送る手助けをしてくれるレイキを

ぜひあなたの人生に迎え入れてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com