テーマとなるチャクラに宝石光線を補充します!

限定!サービスのお知らせ

新型コロナの感染拡大が世界規模となり、感染での被害だけでなく経済的な問題も起きていますね。政府のお肉券やお魚券という案には呆れ果ててあんぐりと口を開くことしかできませんが、日々、私たちが知らないところでこれらの問題を解決しようとしてくださっている方たちがいることも事実です。

 

わたし自身も自然療法士として何か出来ることはないかと考える日々で、薬で治せないのなら自分の生きる力を高めればいいんだ!と言うことに気づいた方たちが、レイキセミナーを受講するケースが増えているのを見ていて、なにか私からもアクションできないかなと考えた結果。

 

昨年、手にした宝石が内在している光線を照射できる、ジュエルライトがあったではないか!と気づき、

 

当サロンで人気の高いメニューの、レイキセミナー、およびカジュアルレイキを受講された方、チャクラリフレクソロジーを受けてくださった方には、

ジュエルライトを使って、7つあるチャクラの中でいちばんテーマとなっているチャクラに、宝石光線を照射し、エネルギーを補充するセッションを無料でお付けすることにしました。

(期限は、新型コロナ感染の収束が見られるまでとさせていただきます。)

 

チャクラのセッションを行うと、7つあるチャクラの中で特にこのチャクラがメッセージを送ってくるというような、いちばん目立つチャクラがあることが分かるんですね。

 

例えば、身体の冷えがひどいということで悩まれていると仰られた方のチャクラバランスを見ていると、冷えの原因が食べるものや生活習慣のほかに、日頃から考えすぎる癖がある、それにより不安や心配を常に抱えていることが分かることがあります。

そしたら、どこを意識して施術を行うか?といえば、冷えの原因のひとつとして考えられる不安や心配を緩和するために、考えることを武器とするチャクラを整えたり、身体を温め楽観的というエネルギーをだすチャクラにエネルギーを補充します。

 

 

他のメニューには、もともとチャクラジュエルセラピーを組み込んでいたり、チャクラのパワーチャージをする施術が組み込まれているので、今回のサービスはそれらがないメニューに絞らせて頂いたのですが、

今までの経験から、これは!と思うチャクラに、オーダー頂いたメニューの技ではない術を入れ込んだりして、ひとつのチャクラに的を絞って施術をさせて頂くことはあったんですね。

それによってヒーリング効果が高まるのは分かっていたので、このたび、特に人気のあるレイキセミナー、カジュアルレイキ、チャクラリフレクソロジーの3つのメニューに、サービスとしてひとつのチャクラに宝石光線を補充をさせていただきます。

 

レイキのアチューンメントの前に行うことでレイキがスムーズに流れるようになりますし、チャクラリフレクソロジーでは足裏で得た、特に目立ったチャクラに宝石光線を補充することで施術後の効果が高まることが期待できます。

 

新型コロナの世界中への感染を見ていると、わたし自身もそうでしたが、どこかで他人事になっていたところがあると思うんですね。

きっとどこかの研究者が薬を作ってくれるだろう、国が経済政策を打ち出して助けてくれるだろう、きっと、どうにかなるだろうと自分自身の事として受け止めるには、とても大きな事だったと思うんです。

 

けれども、手洗い、うがいという公衆衛生にみなさんが実践、徹底したことでインフルエンザの患者数が減ったのを見ると、私たちにだって出来ることはあるということなんですよね。

それは、ウイルスに罹らないこと、うつさないこと。

小さな事に思うかもしれませんが、実はとても実力を発揮できることであるとも思うんです。

 

もし、まだ見ていないようであればぜひ見て頂きたいアニメ「はたらく細胞」という作品がありますが、私たちの細胞は、持ち主である私たちの意思とは関係なく、生きることを目的としてそれぞれの機能を発揮して生きるために働いてくれています。

 

ウイルスに冒された細胞は、免疫細胞によって貪食(冒された細胞を食べる行為)し、ウイルスが蔓延しないように防いでくれます。さらに、貪食で得られたデータから抗体をつくり、これ以上ウイルスに冒されないように防いでもくれます。

 

自然療法はもともと自然から発生したナチュラルな存在である人間に、自然が持つパワーを与え、人間が持っている生きる力を高めてくれるものです。

 

私だけではなく多くのヒーラー、セラピストが手にしている自然療法で、新型コロナがもたらす難局を乗り越えていこうと頑張っていらっしゃいます。私もそのひとりとして、こうしたサービスを提供させて頂こうと思っています。

 

ぜひ、ご自分のために、一緒に暮らす家族のためにご利用ください!!

お越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com