営業再開のお知らせ

5月7日から営業再開します。

トップページでもお知らせ致しましたが、緊急事態宣言が31日までと延長が決定されましたが、当サロンはマンツーマンでのセミナー、セッションを行っていることなどから、お客様が密になることを防ぐことが可能と判断し、5月7日から営業を再開させていただくことにしました。

 

感染予防のために、アルコール、次亜塩素酸水でのサロン内の消毒を徹底し、わたし自身もマスクをつけての施術、セミナーを行っていきます。

 

特に飯田サロンは、高齢であったり、ご自宅に病気療養されている方、介護を必要としている方がいるお客様が多く、それもあっての営業自粛に踏み切らせてもらいました。ですが、営業自粛が終わる予定であった6日以降のご予約をいただいていたことや、サロンがある地域での感染者が増えていないことなどから、営業再開をすることに致しました。

 

ウイルスというのはコントロールができるものだと、ウイルスの専門家が仰っていたのを何かの番組で見たことがあります。

まず、ウイルスには足がないから勝手に歩くことはない。ウイルスを運んでいるのは人間に他ならず、感染したくないのであれば、感染者である人間に触れないことなのだそうです。

 

それにはまず、帰宅したら手を洗うこと。あと、これは犬や猫を飼っている方ならご存知かと思いますが、ウイルスというのは靴の裏にくっついて家の中に入ることがあり、飼い猫をずっと外に出していなかったのにウイルスにかかったという事例は、すべて人の靴から感染したと言われています。

豚や牛の牧場では厳重に靴裏、クルマのタイヤに至るまで消毒をしますが、そういったことが理由なのだそうです。

 

なので、松本市のサロン、飯田市のでは入り口から床、トイレに至るまで次亜塩素酸水を使って掃除をし、人の出入りがあった場合も次亜塩素酸水を振りかけて予防をしています。

ウイルスの特性を理解し行動していけば、感染は防げると思っています。

 

前回のブログでも書かせてもらいましたが、自分の健康は自分で守る時代の到来です。それも厳しい状況が続いており、命を守ること私たちひとりひとりの責任においてやらなければならない時代です。

 

ひとりで守ることが不可能な介護が必要な方、ご病気を患っている家族がいれば、その家族の命もまた、周囲がカバーしていくことが求められています。

 

受講生さんが「私はレイキを持っているから安心と思える」と電話で言っていましたが、そういった安心と、ご自身の健康と命を守る術のひとつを、私はお伝えできる立場にいます。

 

自然療法であるレイキヒーリングは、科学的な証明がいまだなされていないヒーリングであるものの、誕生から約100年という歴史からも分かるとおり、「論より証拠」で広まったハンドヒーリングテクニックです。

私たちは病気に対して無力などではなく、微力であっても対抗できる手立てがあります。それは、私たちが生まれながらに持っている自然治癒力と呼ばれるもの。

自然療法と呼ばれるものや、そのひとつであるレイキヒーリングは、その自然治癒力を高めることを期待できる療法です。

病気になったとき、医者や治療者が行っていることは、私たちの体が治ろうとするそれらの力に対して後押しをしていることからも、分かることではないかと思います。

 

営業自粛中は、レイキセミナーで使うテキストの見直しをやっていました。いま、読んでみると分かりづらいかな?と思える部分があったり、または足した方がいい情報があったりと手直しする範囲が予想よりも多くなりました。

 

7日以降の営業からは、手直しを終えたテキストでセミナーを開けますので、これを機に、自分を守る自然療法を手に入れることを考えていらっしゃる方がいれば、レイキセミナーの受講を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

レイキヒーリングは、本当に役立ちます。

 

7日からまた通常通りの営業を行っていきますが、感染状況などが変わりましたら、営業についても変更していくかと思います。その際にはこちらのサイトでお知らせ致します。

 

では、7日からどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 


ファ.ーストノエル

www.rie-noel.com